キスマイ玉森裕太、宮田俊哉から主演作の感想届く「ちょっとエロかった」

dwango.jp news

2019/6/10 20:46


Kis-My-Ft2の玉森裕太が10日、都内で行われた主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」(公開中)大ヒット御礼舞台あいさつに森義隆監督とともに出席した。

5月31日から封切りとなり10日が経過。周囲の反応を聞かれると、玉森は「ありましたね。友達が映画の半券の写真を送ってくれて『今から観るよ』って」とうれしそうに報告した。また同じグループのメンバー・宮田俊哉からも反響があったといい、「宮田さんからは感想たくさんいただきました。『なんか玉が玉じゃなかった』とか。ちょっとエロかったとか。色んな感想をくれました」と明かした。

この日の舞台あいさつではルーレットを回し、矢印が止まったお題の企画を展開することに。「驚愕」というテーマでは、あいうえお作文を使って愛の告白を発表。もととなる言葉は「きょ・う・が・く(驚愕)」で、玉森は頭を抱えながらも「今日さ・うちくる?・がびーん・来るの?来ないの?」と読んだ。途中の「がびーん」については「分からない」と苦笑いで「もう分からない。なんで俺こんなことしているんだろう」とお手上げだった。

また劇中のドキッとするセリフを発表する「告白」コーナーでは、「もうあいつと寝たの?」と低音ボイスで生披露。さらに16歳から29歳までの5枚の自身の写真を若い順から並べ替えるゲームにも挑戦。19歳の写真を見て「金髪に白いメッシュとかよくできたもんだな」と過去の自分に失笑していた。

同映画は、東野氏の累計発行部数150万部超のベストセラー小説を原作に、2つの世界(パラレルワールド)に迷い込んだ崇史が、真実の世界を追い求めていく姿を描く。玉森にとって約4年ぶりの主演映画となる。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ