s-ken “70年代ニューヨーク”の写真展を京都で開催 初日は町田康とのトークショーも

SPICE

2019/6/10 16:34


音楽プロデューサーであり、日本にパンクミュージックを持ち込んだ第一人者でもあるs-ken(エスケン)。昨年、東京・大阪と2箇所で行われ好評を得た外国特派員時代のニューヨーク写真展『1977 NYC EXPROSION』が今年は7月14日~8月11日の約1ヶ月に渡り、京都にて開催されることになった。

初日の7月14日(日)にはオープニングパーティとして、自身もパンクロッカーであった芥川賞作家の”町田康”がゲストに参加しトークセッションが行われる。司会にはs-kenの旧友バンヒロシ、安田謙一が担当し、京都在住で親交のある”タカツキ”を始めミュージシャンたちとのライブセッションも予定しているという。


開催場所は、2011年に開業し「京都のアート&カルチャーの今」を発信するホテル アンテルーム 京都。館内には、ギャラリーやレストラン、バーがあり、彫刻家・名和晃平ら9組のアーティストが手がけるコンセプトルームも。

また、s-kenと町田康は、6月22日(土)東京青山にあるRestaurant Bar CAYにて、いとうせいこう、s-ken、町田康の3者がタッグを組み開催される「音楽」と「文学」の融合イベント『東京ニューソース』を行なう。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ