菅田将暉&小松菜奈W主演!中島みゆきの名曲『糸』が2020年映画化決定!

ViRATES

2019/6/10 15:30

中島みゆきの名曲『糸』が2020年に映画化されることが発表された。

キャストは、菅田将暉さん、そして小松菜奈さんのW主演だ。

この楽曲は、1992年にリリースされたアルバム『EAST ASIA』収録曲であり、その後、1998年に『命の別名』と『糸』の両A面でシングルリリースされた。

中島さんが知人の結婚式を祝して作った楽曲で、糸を人に見立てて男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った楽曲である。

今まで、数々のアーティストがカバーをし、平成を代表する名曲となった。

映画は、この楽曲に着想を得たストーリーとなっている。

平成元年生まれの男女の出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を“生活者の視点から見た平成史の変遷”とともに、壮大な愛の物語として描いていく。

菅田さんは、自身のツイッターにこのようにコメントした。

 

 

2人は、平成を代表するこの名曲を映画の中でどう表現してくれるのだろうか?

ファンからは「すごく好きな曲なので嬉しいです!」「個人的には平成元年生まれなのもあり、私もみてきた”平成”という時代がどう描かれるのか、そちらも楽しみです。」「心に残る名曲”糸”が映画化ってめちゃくちゃドラマチック!!!」「公開が待ち遠しい」などのコメントが寄せられた。

 

 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:中島みゆきの名曲「糸」、2020年に映画化 菅田将暉&小松菜奈W主演
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ