福山雅治が全然仕事できない…コピーひとつ取れない銀行マンに嘆きの声『集団左遷』

しらべぇ

2019/6/10 15:00

(『集団左遷!!』)
福山雅治が、仕事をとにかく「頑張る」熱血銀行マンを演じるドラマ『集団左遷!!』(TBS系)の8話が9日に放送。

支店長として蒲田支店に配属された片岡(福山)。廃店を阻止するため、社員一同頑張るが悔しくもその想いは叶わず。本部の融資部に異動になるも、そこで上司の不穏な雰囲気に気付き、仲間とともに調査に乗り出すことに。

しかし、まさかのうっかりミスが命取りになってしまう。

■不正疑惑


上司の隅田(別所哲也)から、近々上場を控えているレジーナホームズに、不正融資の疑惑があると聞かされた片岡。

この件について、極秘で調査するように命じられた片岡は、レジーナホームズを優遇している日本橋店の副支店長を務める真山(香川照之)に連絡をとる。

■役員の不正が判明


調査を進めると、常務取締役・横山(三上博史)と銀行の役員に不正の裏金があることが判明。そのリストを手にいれた片岡は、頭取の藤田(市村正親)に報告。それを聞いた藤田は、リストの原本を預かると告げる。

翌日の本会議で日本橋支店の不正があると詳細を説明する片岡。しかし、リスト表を改めてチェックすると、横山の名前が消されており……なんと、横山の名前を消したのは藤田頭取だった。

まさかの頭取の裏切りに困惑する片岡たち。銀行の未来はどうなってしまうのか、横山の思惑はまったくわからない。

■コピーくらいとって!


リスト表の原本を渡したため、証拠を消されてしまった片岡。しかし、原本のコピーをとっておけばこうならずに済んだのでは……と片岡のミスに「ツメが甘い!」と視聴者たちはツッコミを入れざるを得ない。







こんなうっかりミスするなら「集団左遷」されても仕方がない……と片岡の無能さにあきれる視聴者たち。たしかに、社会人では許されない失態である。

■ドラマじゃなかったら


片岡のこのミスを見て、「ドラマじゃなかったら飛ばされている」と指摘する視聴者も。





ドラマ内で、同僚から「リストラ」を危惧されていた片岡。「こんなミスを連発しているようでは本当に会社で消える……」と、視聴者からも心配されてしまう始末。

令和初の下克上は果たしてできるのか!? ドラマもラストスパート。片岡たちの活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→『集団左遷』福山雅治の3枚目役に賛否 「男前すぎて違和感」「阿部寛のほうが…」

(文/しらべぇ編集部・卯月

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ