加藤浩次、傘の迷惑行為にイライラ 「ほんとそれ」「怖い」と共感の声

しらべぇ

2019/6/10 13:30




梅雨になると、何かと傘を差す機会が多くなる。しかし、その一方で他人の傘の持ち方やマナーにイラッとする機会も増えるはず。

このことについて、10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が不満をあらわにし、共感の声があがっている。

■傘の横持ちはイラッとする?


番組では、傘の迷惑行為について街頭インタビューを実施。「急に傘を開く」「人のそばで傘の水滴を払う」「傘がびしょびしょのまま電車に乗る」「すれ違うときに傘をよけない」「傘を横向きに持つ」といった行為が挙げられた。

その中で、もっとも迷惑と答える人が多かった「傘を横向きに持つ」について、加藤は「俺、たまやってるかも。気をつけなきゃいけないなって思った。男の人のほうが多いよね」と反省した。

■「突進おばけ」に怒り


さらに、「すれ違うときに傘をよけない」について「これいるよね? こういう人。何なのかな? ちょっと人来たからよければいいものを、何なの? あの『突進おばけ』みたいな。『絶対に俺よけません』みたいな。あの突進の仕方ってびっくりするくらい強い意志を感じるときがある」と怒りをあらわに。

傘を差している人同士ですれ違う際には、傘を閉じるまではしなくても「ちょっとこう、よけるとかすれば」「何なんだろう、ああいう人って」と注意を促した。

■「イライラする」「怖い」と共感の声


もっとも多くの人が迷惑しているという傘の水平持ちについて、ネット上でも「イラッとする」「激しく同意」と共感の声があがる。





また、加藤が命名した「突進おばけ」についても納得の声があがった。





■傘を水平に持って歩いたことがある人は…


しらべぇでも既報のとおり、イラッとする傘の迷惑行為1位である「傘を横向きに持つ」という行為だが、知らず知らずのうちにやってしまっていたという人もいるだろう。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,371名に調査したところ、1割強が「経験あり」と回答。



また、先ほどの傘の迷惑行為調査では、加藤が不満を訴えた「すれ違うときに当たる」も3位にランクインしている。

こういった迷惑行為を無意識のうちにやってしまっている人もいるはず。自分の行為が相手に迷惑をかけているかもしれないということを自覚し、周囲に気を配ってほしい。

・合わせて読みたい→雨に困る女性に男性が傘をあげる…経験者が語る、この行為の3パターンの理由

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代 男女1371名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ