MONGOL800「小さな恋のうた」が奏でる2人の思いとは?

UtaTen

2019/6/9 15:01

TOP画像引用元 (Amazon)


■MONGOL800 「小さな恋のうた×Pocky」 ミュージックビデオ


はじまりは島での出逢い



島で生まれ育った同級生の男女。

そしてこの歌詞は男性目線で描かれている。

“僕"は同級生の女の子に恋心を抱いたが、思いを伝えられることはないまま、女の子は転校し、島を離れていってしまう。

女の子のことを忘れることができないまま月日は流れた。
何度もあきらめようと思ったが、気持ちが薄れることはない。

そして、ある時“僕"は彼女に手紙を書く決心をした。

手紙の内容は伝えられなかった恋心。

手紙のやり取りが距離を縮めていく



遠距離の2人には、手紙が唯一の思いを伝える手段だった。

今でこそ、SNSや通信アプリで気軽にやり取りできたり、写真を送り合ったりできるが、歌詞から考察するに、まだ携帯が普及していない時代のことなのだろう。

手紙のやり取りを続けていた2人であったが、“久しぶりに会おう"ということになった出会った時のことについて、詳しくは描写されていないが、何年かぶりの再会に、最初はお互い照れ臭かったに違いない。

他愛もない話をして、少しの時間一緒に過ごしただけだが、この出会いによって2人の距離はぐっと縮まっていった。

最初は“僕"の恋心の方が勝っていたが、いつしか彼女の方も“僕"に恋心を抱いていく。

会いたい時に会えない、遠く離れた距離がもどかしく、その気持ちがペンを走らせ手紙を送る回数が増えていく。

相手への溢れんばかりの恋心と、なかなか会えなくて寂しいといったことを書き綴った手紙の内容でありあることが歌詞から読み取れる。

結婚を意識する2人



手紙のやり取りと、時々会うことを重ねてきた2人。彼女と会っている時に“僕"は決心する。

“この人と結婚しよう"と。

そして彼女も“僕"の強い思いに気づき、受け入れる。

「永遠の淵」とはいつしか結婚する日のことを指した言葉である。

結婚は永遠に相手を愛することを誓う儀式であることから、この言葉を用いたのだろう。

彼女のことを大切に思う気持ちは、きっと今も結婚してからもずっとずっと変わらないという“僕"の心情が描かれた歌詞だ。

サビで表現された聴き手へのメッセージ



「ほらあなたにとって大事な人ほどすぐそばにいるの」という歌詞には、2つの意味がある。

1つは、歌詞中の“僕"が彼女のことを大事に思うように、“彼女もずっと“僕"のことを大事に思っていて欲しい“という願望。

たそしてもう1つは、聴き手である私達へのメッセージだ。

恋をする相手や恋愛模様は個々様々で、時には高嶺の花のように手の届かない相手を好きになってしまうこともある。

“様々な恋を繰り返してきても、最終的に永遠を誓い合えるような相手は案外すぐ傍にいるものかもしれないよ"という恋愛に対する暗示があるように思う。

TEXT 蓮実あこ

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ