婚活パーティーにひそむ、体目的のクズ男。その卑劣な手口とは…

女子SPA!

2019/6/9 15:47

 結婚相手を真面目に探したい男女が集まる婚活パーティー。良いご縁を見つけた人もたくさんいると思いますが、中には「トンデモ男に引っかかったんです……」と語る女性がいます。

理恵さん(仮名・32歳)が婚活パーティーに通い始めたのは3カ月ほど前のこと。初めは大人数で話す趣味の会に参加していた理恵さんが男女1対1で話す真面目な婚活パーティーに参加してみたところ、最低なクズ男に出会ったといいます。

◆冴えない男性ばかりで、マトモに見えた…

「1対1で話すパーティーに参加したのは初めてだったので、システムがよく分からなくて舞い上がってしまったんですよね。そのパーティーは30代限定で男性は高収入の人のみというもの。会場に着くと机がいくつもあり、2人の男女が隣同士で座るところからスタートしたんです」

会場には約24名の男女がいて、机には各自番号が書かれた紙が置いてあったそうです。

「私の番号は11番で隣には男性の11番が座っていました。パーティーが始まり司会の人の説明によると、初めは隣に座っている男女で会話をして3分後には男性が隣の机に移り、順番に異性と話していく……というものでした。

参加者は最初に職業や趣味などを書いたプロフィール用紙を交換して話すんですが、3分間で会話するとなると結構難しいんですよ。女性は職業と年収だけを見て質問していくような感じで、なんか婚活パーティーというか面接のような雰囲気でしたね」

限られた時間で会話を盛り上げるのは男性参加者にも難しいのか、中には黙ってしまう人もいたとか。

「そんな中で唯一、会話が上手い男性がいたんです。年齢は34歳で、細身のスーツでオシャレな感じ。仕事はコンサル会社と言っていました。、彼の趣味はイタリア料理の食べ歩きとワインでいま思えばいかにも女受け狙ったチャラいプロフなんですが、そのパーティーの中ではマトモに見えてしまったんですよね。周りは40歳近くのどちらかというと冴えない感じの男性ばかりだったので……」

◆後半戦に突入、連絡先を渡され勝ち組気分

ハキハキと話す彼に好印象を持ったという理恵さん。やがてパーティーは後半に入り、フリートークの時間になったといいます。

「後半は気になった異性のところに自由に行って話ができる……というものでした。さっきの彼のことを気になっていたんですが、自分から行くのはちょっと恥ずかしい。そう思っていたら、なんと彼の方から来てくれたんです! 彼とさらに話してフリートークが終わるころ、彼が連絡先交換の紙をくれたときは勝ち組になった気分でしたね」

連絡先交換の紙とは、会場であらかじめ配られる用紙のことだそう。カップルにならなくても気に入った異性がいたら連絡先を書いて渡すことが可能だそうです。そして最後のカップルタイムがやってきました。

「彼の名前を書こうと思ったんですが、もう連絡先もゲットしたし参加者全員の前で晒されるのも嫌だったので書かなかったんです。パーティーが終わるとすぐ彼にLINEしました。この後どこか誘われるのかな? と期待を抱いていたんですが、仕事があるから帰ってしまったようです。でもそのあとに『今度、食事行きましょう』と言われてテンション上がりましたね」

以来、彼とデートを重ねるようになった理恵さん。そして関係が進み、いざ身体の関係になったところで状況は急変したといいます。

◆友人も同じ人物に騙されていた

「3、4回ホテルへ行っていつ告白されるんだろう? と思いドキドキしていたんですが、彼から何か言われることはなく……それどころか、突然連絡が取れなくなったんです」

こういうとき、婚活パーティーの出会いの繋がりの薄さにデメリットを感じますよね。

「誰にも相談できずに、きっと自分に何か気にくわないことがあったんだと思うようになり、徐々に諦めていこうと思ったんです」

理恵さんが信じられない事実を知ったのは、それから数週間後のことでした。

「友達と女子会をしているときに、友人のカナコ(仮名)が『最近、婚活パーティーで会ったイイ感じの人がいるんだよね』という話をしてきたんです。もちろん『どんな人?』とか『顔見たい!』という話になるじゃないですか。

カナコが『写真はないんだけれど、LINEのプロフには載ってたかも!』と言って見せてくれたのは……なんとあの彼だったんです! 思わず『私、その人会ったことある……』と言ってしまいましたよ。カナコも驚いたようで、私が彼との間に起きたことを話すと『私も全く同じだったんだけれど……!』と言ってきたんです!」

◆LINEで反撃「スッキリしました」

連絡先交換の紙の方法も全く同じだったようで、2人ともまさかの出来事に思わず苦笑いだったそうです。そこで2人はある行動に出ることにしました。

「カナコが私達と写真を撮って『女子会してるよー』と彼に送ったんです。すると彼から私のほうに『何、知り合い?』『俺のこと話したの?』とかなり焦ったようなLINEが来て……私も『いま、女子会で婚活パーティーで出会ったクズ男の話で盛り上がっていたところだよ~!』と送ってやりました(笑)。返信はなかったですが、かなりスッキリしましたよ!」

真剣な出会いを求める婚活パーティーに巣食うクズ男。そういう男性に出会わないためには、連絡先はカップル成立後に交換する、友人同士で行って気に入った男性の印象を聞いてみるなどして見極めるのが良いかもしれませんね。

―婚活パーティーのあゝ失敗…―

<文/結城>

【結城】

男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ