マツコも爆笑!老舗ものまねショーレストランで新人オーディション開催

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。6月8日の放送は、新宿のものまねショーレストラン「そっくり館キサラ」と中継を結ぶ。

創業27年の「そっくり館キサラ」は、ものまね界の聖地として知られており、和田アキ子のものまねでお馴染みのMr.シャチホコや、この番組のナレーションを務めるホリなど、数々の人気ものまね芸人たちを排出。そんな「キサラ」で、この日は、ものまね芸人の登竜門でもある新人オーディションが開催されていた。

店内には有名歌手や大物芸人に扮した参加者たちがズラリ。個性あふれるその姿にマツコも思わず爆笑。しかし、オーディションの詳細を説明するために登場した店長は、参加者の誰よりも個性があり、マツコも「店長のキャラが一番強い」とツッコまずにはいられない。

店長によれば、合格率はひと月に15人受けて、1人合格するかどうか。この狭き門を通過するには、「お客様を喜ばせてくれる人」であることが重要だという。店長は、「(ものまねが)似ていなくても面白ければいい」と断言。これにはマツコも、「(お客さんは)ものまねを見に来ていると同時に、お酒を飲みながらステージを楽しむわけだからね。その(楽しませる)スキルって、ものまねとはまた違うのよね」と納得していた。

続いては、新人オーディションにエントリーした参加者たちに話を聞いていくことに。実家のスナックでスカウトされ、ものまねを始めたという元銀行員の女性は、人気歌手JUJUのものまねで勝負。歌を一節だけ披露した彼女に対し、マツコは「ずっと斜めで映してるのが一番かもしれないわね」とアドバイスを送る。

さらに、ものまねの魅力に取りつかれ、自らも舞台に立ちたくなったという元キサラ店員の女性も登場。卓球の福原愛のものまねでデビューを目指す彼女に、マツコも「ものまねはちょっと意地悪な視点がないとダメじゃない。(彼女は)すごく良い子だからそれが無いのよ。だからこそ新しいスタイルのものまねができるかも」と期待を寄せていた。

最後は、マツコも予想していなかった光り輝く電飾おじさんが登場。予測不能な展開にマツコは困惑しつつも大爆笑。「楽しかったです」と満足気な表情を浮かべていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ