「女性の生理」の討論に大反響 紗倉まなの発言に男性陣は衝撃

fumumu


“オトナの事情をスルーする”をコンセプトに生放送で配信されている『AbemaPrime』(AbemaTV)。先月放送された番組内の企画では、「女性の生理」をテーマに議論を展開し、大きな反響を呼んでいます。

■生理=恥ずかしいこと?


「しんどい」「イライラする」「地獄」など、女性にとっては心身ともに苦しめられる生理。一方、生理を経験しない男性にとっては、話すことも聞くこともしづらい「未知の世界」でもあります。

経験しない(できない)ことを「理解しろ」とは求めていなくとも、なんとなく世間では“タブー視”されている現状に疑問を抱く女性もいるのではないでしょうか。本来、生理や生理用品は「恥ずかしい」ことでも、「隠さなきゃいけない」ことでもないはずです。

■「なぜ隠さなきゃいけないんだ」


番組では、先月行われた生理用品の大手「ユニ・チャーム」の新商品販売イベントを取り上げました。イベントに登場したのは、同番組レギュラーであり、胸が小さい人向けのランジェリーブランドを生み出したハヤカワ五味さん。
AbemaPrime@AbemaTV
現在、薬局で紙袋に入れられるものは、コンドームと育毛剤、そして生理用品だといいます。五味さんは、「(生理用品を)なぜ隠されなきゃいけないんだ」「人前に出しちゃいけないものなんだ、という刷り込みがすごくある」と話します。

これが、「パートナーと生理について話せない」「女性同士でも恋バナはできるのに、生理用品についての悩みは相談できない」ということに繋がるとして、現状を変えていきたいと訴えました。

■「生理用品専門店」構想中


現在、五味さんはプロジェクト「#NoBagForMe(私には、袋は要りません)」を立ち上げ、活動中。「私たちには紙袋はいりません」と言えるくらい、より良いパッケージの商品を開発し、「隠さなくていいもの、ということを自分たちで表明していけたら」と生理においての価値観を覆す取り組みをしています。

五味さんは「生理用品の専門店」を作ることも構想中だとか。日本人女性は、圧倒的に紙ナプキンユーザーが多いですが「パンツタイプ」や布製の「コットンライナー」、体内に挿入する「タンポン」、またfumumuでも紹介した「月経カップ」など、生理用品には数多くの種類があります。にも関わらず、薬局で販売しているのは、紙ナプキンとタンポンがほとんど。

そのため「1カ所で色んなものを触れたり、セレクト形態をとって、自分に合ったアイテムを選んでほしい」との想いから、専門店誕生に向けて奮闘中だといいます。

■パンサー向井「男子は知っちゃいけない…」


スタジオゲストとして出演していたのは、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さん。
AbemaPrime@AbemaTV
向井さんは小学生の頃、女子たちが性教育についての授業を受ける際、男女で分けられていたことを回顧。

「なんとなく、男子は知っちゃいけないものなのかな。男子はそういう授業にいちゃいけないんだと思った」と打ち明けました。

■生理痛の例えにどよめく


生理痛についての話題では、例えとして紹介されたのは…

腹痛:お腹に注射針を何本も一気に刺される

腰痛:鐘をつく棒で叩かれるような鈍痛

頭痛:剣山で殴られているような痛み

女性のなかでも個人差のある「痛み」。「私も月経痛ひどいんですけど…」と切り出したのは、同番組アンカーでAV女優の紗倉まなさん。

これらの例えに対して「まったく過剰ではない」との言葉には、スタジオの男性陣は衝撃を受けたようで、どよめく場面も。
AbemaPrime@AbemaTV
生理に対しての社会背景や、ピル使用についての認識の違い(認識不足)など、「女性の生理」について深く斬りこんだ放送には、視聴者から「このテーマをやること自体が革命的」「地上波のニュースじゃ絶対放送できない切り口」など多くの反響が寄せられています。

性別の違いだけではなく、痛みやつらさには個人差があるため、同性でも意見の隔たりがみられる「生理」。すべての人が興味をもつべきテーマではないでしょうか。

・合わせて読みたい→生理中を周囲に伝える? 「言ってもつらさは伝わらない」と諦めの声も

(文/fumumu編集部・長谷川 瞳)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ