“カメ止め”クリエイター集結『イソップの思うツボ』予告編&ビジュアル解禁

 2018年最大の話題作『カメラを止めるな!』のクリエイターが再集結し、トリプル監督を務めた映画『イソップの思うツボ』が、8月16日より全国公開されることが決定。予測不可能な展開をみせる予告編とビジュアルも併せて公開された。

【写真】ヒロインの1人を演じる「井桁弘恵」フォトギャラリー

本作は、動員数220万人以上、興行収入31億円を突破した『カメ止め』の上田慎一郎監督によるオリジナル脚本作品。上田監督、『カメ止め』の助監督を担当した中泉裕矢、同作のスチールを担当した浅沼直也の3人が共同でメガホンを取っている。

舞台やテレビなどで活躍する女優の石川瑠華が、カメだけが友達の内気な女子大生・亀田美羽役を担当。ゼクシィ11代目CMガールを務め、映画『クロノス・ジョウンターの伝説』などに出演する井桁弘恵が、“タレント家族”の娘で美羽と同じ大学に通う兎草早織に、漫画家・内田春菊の娘としても知られる紅甘が、父と二人で“復讐代行屋”を営む戌井小柚に扮する。

解禁された予告編は、「空からカメが降ってきて、下を歩いていた男性の頭部にぶつかった、と110番通報がありました」というナレーションからスタート。美羽が教師らしき男性の笑顔に顔を伏せたり、早織が「もしかして…好き、なの?」と美羽に尋ねるなど、甘く切ない青春物語の幕開けを予感させる展開が続いていく。

ところが、「騙されるな!!」という大きな赤文字が突然画面に飛び込んだ瞬間、予告編の雰囲気は一変。

泣き顔の早織が「マジ最低」と声を上げる姿を皮切りに、目隠しされ、手足を縛られた男が地面を引きずられる姿、小柚が銃声とともに目の前の男に殴りかかろうとする姿など、さまざまな登場人物や不可解な映像が「復讐」「家族」「裏切り」という大文字とともに捉えられていく。そして、「“騙される快感”を、もう一度。」という吹き出しのコピーが躍る中、カメが街灯に照らされた夜道をゆっくりと進んでいく場面で、映像は幕を閉じている。

加えてビジュアルは、ウサギ、カメ、イヌの着ぐるみがロープで縛られた姿を大きくフィーチャー。「3人の少女が出会うとき――とんでもない物語が始まる!?」というキーフレーズも飛び出し、本作の一筋縄ではいかないストーリーを表したものとなっている。

映画『イソップの思うツボ』は8月16日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ