ジレ? マツコ、次々と変わるファッション用語に降参「ちょっともう無理」

※画像は、マツコデラックス — ナチュラルエイト より

 

6月3日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、「パンツとズボンどちらで呼ぶか悩む」という新潟県パート女性の悩みに対し、最近のファッション用語に対する自身の感想を語った。

 

マツコ「意外とつまらないオカマ」その自虐の訳とは

 

番組では「パンツ、ズボン、どちらと呼ぶ?」という新潟県36歳パート女性の悩みについてトークを展開。これにマツコは「私も最初は『なにがパンツだこの野郎!』って『ズボン』って言っていたクチよ」と言うと、急に切なそうな声で「なんか私って意外とつまらないオカマだったのね~と思うんだけど」と自虐すると「徐々に徐々にズボンと言う事が恥ずかしくはなってきてるわね。最近『パンツー、パンツー』って言っちゃう」と明かした。

 

続けてMCのふかわりょうが「例えばチョッキは?」と尋ねると、マツコは悲しげな表情で「チョッキももう言わなくなった」と答え「私、意外とその辺、ピアスの穴も開けられないし……」と、か弱いオカマゆえ周りに合わせてしまうのだという。

 

これにふかわが「まさか『ジレ』まではいってないですよね?」と尋ねると、マツコは「それはまだ!」と答え「なんていうんだろう。ちょっともう無理。分かんない」と、次々と変わるファッション用語に降参といった様子。すると、未だにパンツをズボンと言い、ベビーカーを乳母車と呼んでしまうという株式トレーダーの若林史江が「ベストをジレって言うの!?ベストはもうダメなの?」とひどく驚く。

 

これにマツコは「ダメではないけど“自称モデル”達はもう言ってないわよ。ヒルナンデスに出ている“自称モデル”達はもう使ってないわよ」と、「自称モデル」とおちょくりながらスタッフらを笑わせていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ