トランプ大統領の子供達がバッキンガム宮殿で大はしゃぎ! 一族らの訪英コストは5億円近いとも

現地時間3日~5日の予定で英国を訪問中の米トランプ大統領夫妻は3日夜、エリザベス女王主催による晩餐会に出席した。父トランプ氏の訪英に同行している4人の子供達は、初めてのバッキンガム宮殿に大はしゃぎの様子。SNSに動画や写真をアップしまくる彼らの姿に、世間は「なぜあなた達がそこに?」と冷たい視線を向けているようだ。

英時間3日、エリザベス女王主催による豪華な晩餐会がバッキンガム宮殿にて開催された。この日はトランプ大統領(72)とファーストレディのメラニア夫人(49)をはじめ、補佐官として父親をサポートする長女イヴァンカさん(37)やその夫で大統領上級顧問のジャレッド・クシュナー氏(38)らが姿を現したのだが、ほかにも現ホワイトハウス職員ではない長男ドナルド・トランプ・ジュニアさん(41)や次男エリックさん(35)とその妻ララさん(36)、また次女ティファニーさん(25)までもがこのたびの訪英に同行していることが明らかになった。

彼らは晩餐会への出席に興奮を隠せない様子で、バッキンガム宮殿内の様子などを逐一SNSにアップしていた。イヴァンカさんは自身のInstagramにきょうだいが勢揃いした集合ショットを投稿、英米両国旗の絵文字を添えて「バッキンガム宮殿にて、エリザベス女王主催による素敵な晩餐会」と記している。

さらにイヴァンカさんは「親友と、バッキンガム宮殿で魔法のような晩」と言葉を添えて夫ジャレッドさんとのツーショットを披露したほか、長男のドナルド・トランプ・ジュニアさんは「バッキンガム宮殿だよ!!!」とタキシード姿のキメ顔ショットをアップ、ティファニーさんも「女王陛下、素敵な夜をありがとう」とコメントし、きょうだいの集合写真を公開している。タキシード着用の男性陣、華やかなドレスやグローブを身にまといプリンセス気取りの女性陣、その全員が見事なまでのドヤ顔を披露する一族の投稿には、

「米国版ロイヤルファミリー」

「メーガンよりイヴァンカの方がロイヤルっぽい」

といった声もあがっているものの大半は、

「なぜあなた達がその場にいるの?」

「5人の子供達のうち、末っ子バロン(13)を除いた4人をわざわざ同行させる意味は何?」

「イヴァンカとジャレッドはまだわかるとしても、ほかは完全に場違い」

と彼らの晩餐会出席を疑問視する声であった。ビジネスニュースサイトの『QUARTZ』や米版『Newsweek』は今回の訪英にかかったコストについて、米大統領専用機「エアフォースワン」での移動やホテル宿泊費だけでも総額350万ドル(約3億8000万円)~440万ドル(約4億8000万円)ほどにのぼると報じている。

トランプ大統領は訪英直前、英『The Sun』に対し、4人の子供達がウィリアム王子やキャサリン妃、そしてヘンリー王子と“次世代同士”として話し合いの場をもうけられれば―と述べ「きっと子供達は彼らと会うだろう。そうなったら素晴らしいよ」と明かしていた。ウィリアム王子夫妻とは晩餐会で対面を果たした4人だが、現時点ではそのような会談は予定されていないという。

ちなみにこの晩餐会には、チャールズ皇太子夫妻やウィリアム王子夫妻をはじめ、エリザベス女王の長女アン王女、次男アンドルー王子、三男エドワード王子夫妻らが揃って出席していたが、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻は欠席している。

画像は『Ivanka Trump 2019年6月3日付Instagram「A spectacular State Banquet hosted by Her Majesty The Queen at Buckingham Palace」』『Donald Trump Jr. 2019年6月3日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ