NEWS加藤シゲアキ、元NMB48山田菜々に衝撃告白「イラッとした…」

加藤シゲアキ(NEWS)が、6月4日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)に出演する。

この日は「ローカル対決 ~関東VS関西~」と題し、関西なにわ軍団は加藤のほかに、市川右團次、くわばたりえ(クワバタオハラ)、ケンドーコバヤシ、Dream Ami、山田菜々、関東軍団は夏菜、武藤十夢(AKB48)、本仮屋ユイカ、ゆきぽよ、吉田明世、渡辺裕太がゲストとして登場し、理解できない東西それぞれの習慣について疑問をぶつけ合う。

初登場の加藤は10歳までの約5年間関西に住んでいたため、「人格形成に多大な影響を受けた」と関西人として気合いの参戦。「ジャニーズよりも吉本に入りたかった」と明かし、元NMB48で現在よしもと所属・山田の「ホリプロに入りたかった」という発言に、「イラッとした」とまさかの本音が! しかしそんな加藤の関西愛を本仮屋が「ほんとかなあ」と疑問視。かつて同じドラマに出ていた2人だが、「関西弁を一回も聞いたことがない」と本仮屋が言うと、加藤は「それを言うとこっちだって」と本仮屋と初めて会ったときのことを振り返り小競り合いが始まる。

また、本仮屋は、関西人がよく言う「ちゃうねん」という口癖に、「ちゃうねん詐欺」とクレーム。関西人が「ちゃうねん」で始める遅刻の言い訳に対して「遅刻したのは変わらない」と正論を言うと、MCの明石家さんまは「関西人が多大なるご迷惑をおかけして」と平謝りする。さらに、関西人が自分の好物を「持ってきたる」と言いつつ持ってきたことがないことにもご立腹。関西人は「約束は守らないし言い訳はする」とレッテルを貼られてしまう。

Dream Amiは「横浜の男の人は語尾を伸ばす」というエピソードトークを披露。すると、さんまから「さすが元漫才師!」と意外なツッコミが。周囲が驚いて理由を聞くも、Dream Amiは「いやだ! 言いたくない!」と泣きそうになりながら断固拒否。実はかつて所属していたグループのメンバーと“ペチャパイズ”というお笑いコンビを組んでいたDream Ami。ショートコントをやったり、YouTubeに動画をアップしていたなど意外な活動が明らかになりスタジオ中が騒然となる。

「イラッとくる関西・関東に対する決めつけ」というテーマでは、関西人の「お好み焼きとごはんを一緒に食べる」という習慣をめぐって大論争。ケンコバは、“お好み焼きとごはん”は食べられないが“パンとパスタ”“焼きそばパン”は食べる関東人に「パンをひいきしている」と憤慨。しかし、そんなケンコバにもパンを食べる習慣が。ケンコバの実家で決められていた“パンを食べる日”に渡辺が「だっせー」と言い放ち、ケンコバと大揉めに!? そして、くわばたの「元々すごく無口で人見知りだった」という告白には全員仰天。今では“関西のおばちゃん”キャラだが、「関西人は前に出る」という関東人の決めつけに囚われ演技をした結果だと告白する。

そのほか、「もうかりまっか」「しらんがな」「しょーもな」など、関東の人が言われてどうしたらいいかわからない関西弁について、さんまが解説。「肌で感じろ!」という、さんま先生のわかりやすい関西弁講座も登場する。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ