スピード取締りのオービスを事前に察知する方法


運転中に気を付けたいのが無人式スピード取り締まり装置、いわゆる「オービス」です。制限速度を守って安全第一で運転することを心がけていても、クルマの流れでついアクセルを踏み過ぎてしまうことは誰にでもあるはず。そのためにも、オービス設置の有無を事前に察知する方法を知っておいて損はありません。

スピード取締りのオービスを事前に察知する方法

オービスが設置された道路には警告板


オービスとは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで自動撮影する無人式のスピード取り締まり装置のこと。撮影されたナンバーを元にクルマの所有者に通知し、違反者を警察署へ呼び出して違反キップを切る仕組みになっています。

そんなオービスの設置ポイントを察知する定番といえる方法が、GPSレーダー探知機の利用です。あらかじめ登録されているオービスの位置情報とオービスが発する電波をキャッチして、オービスの存在を知らせてくれます。しかし、レーダー探知機がなくても設置されているのを知ることは可能です。

というのも、オービスが設置されている道路には、基本的に事前に警告がされているケースが多いからです。「自動速度取締路線」「速度自動取締機設置路線」などといった警告板を、走行中に見たことがある人は多いでしょう。

警告板の文字やデザインは各都道府県警によって異なりますが、基本的にこういった看板を見つけたら、この道路の先にオービスがあると思ってよいでしょう。すぐにスピードメーターを確認することをオススメします。

県警で微妙に違うオービスの事前警告


ちなみに、なぜ事前に警告があるかというと、残念ながら警察の親切心ではありません。裁判になった際、オービスで撮影した写真を証拠とするため、事前に告知しているのです。法律ではなく通達に基づいています。

オービスの事前警告は「自動速度取締機設置路線」が基本ですが、各県警や設置年で異なっているもの。静岡県警は「自動速度取締路線」、栃木県警は「自動式速度取締機設置路線」、埼玉県警は「速度自動取締機設置路線」と微妙に違っています。

このほか、福岡県警は「カメラによる速度取締路線」、兵庫県警は「スピード注意 速度自動監視機設置路線」という表示。沖縄県警は「速度自動監視 SPEED CHECK」と英語が併記されています。

ただし、オービスの事前警告はあくまで「基本的に」でしかありません。特に、最近話題になっている可搬式や半可搬式の新型オービスの場合、事前の警告板はまずありません。「予告標識を設置せず行う」という報道が話題になったほどです。

この小型オービスはレーザー式で、一部のレーダー探知機しか対応していません。今のところは、オービス情報サイト「オービスガイド」やSNSをチェックして設置された場所を把握するしか方法はありません。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ