小西遼生が名探偵ポアロに!アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』配役発表


012130.jpg

2019年7月から8月にかけて上演される舞台『オリエント急行殺人事件』より、配役が発表された。本作は、1934年に出版されたアガサ・クリスティの小説を舞台化したもの。舞台版は、ケン・ルドウィックの脚本によって2017年にアメリカで世界初演を迎えた。今回の日本初上演では、演出を河原雅彦が担当。さらに、小西遼生をはじめとする出演者が発表されていた。

出演者および配役の詳細は、以下のとおり。

【出演者・役紹介】
小西遼生:エルキュール・ポアロ役(Hercule Poirot)
1号室/新進気鋭の探偵

室龍太(関西ジャニーズJr.):ヘクター・マックイーン役(Hector MacQueen)
5号室/気弱なラチェットの秘書

春風ひとみ:ドラゴミロフ公爵夫人役(Princess Dragomiroff)
7号室/高潔で堂々たる老婦人

伊藤純奈(乃木坂46):アンドレニ伯爵夫人役(Countess Andrenyi)
6号室/若く麗しき貴婦人

宍戸美和公:グレタ・オルソン役(Greta Ohlsson)
4号室/敬虔な宣教師

松村武:ムシュー・ブーク役(Monsieur Bouc)
オリエント急行の鉄道会社社員

伊藤梨沙子:メアリー・デブナム役(Mary Debenham)
4号室/毅然とした家庭教師

田鍋謙一郎:ミシェル役(Michel)
オリエント急行の車掌

マルシア:ヘレン・ハバード役(Mrs. Helen Hubbard)
3号室/自由奔放なマダム

田口トモロヲ(二役):
サミュエル・ラチェット役(Samuel Ratchett)
2号室/裕福で傲慢な貿易商
アーバスノット大佐役(Colonel Arbuthnot)
8号室/義に厚い軍人

【あらすじ】
豪華寝台列車で起きた密室殺人事件――。容疑者は、乗客全員。
シリアで仕事を終えた名探偵ポアロは、英国で起きた事件の依頼を受け、イスタンブール発の超豪華寝台列車「オリエント急行」で英国へ向かうこととなる。列車に乗り合わせたのは、どこか妙な雰囲気を漂わせる乗客たち。列車は発車するが、不幸にも旅の途中で雪崩に巻き込まれ立ち往生してしまう。そんな中、事件が起きた――。
乗客の一人、アメリカの実業家・ラチェットが鍵のかかった寝室で殺されたのだ。鉄道会社から捜査を頼まれたポアロは聞き込みを開始するが、乗客全員からは完璧なアリバイが。
ポアロはこの謎を解けるのか。そこには、思いもしない結末が待っていた・・・。

『オリエント急行殺人事件』は、以下の日程で上演される。チケットの一般発売は6月16日(日)10:00よりスタート。なお、オフィシャルHPにて3次先行(先着)が6月6日(木)16:59まで受付中。

【大阪公演】7月26日(金)~28日(日) 森ノ宮ピロティホール
【名古屋公演】8月1日(木)・8月2日(金) ウィンクあいち 大ホール
【東京公演】8月9日(金)~8月18日(日) サンシャイン劇場

【公式HP】https://www.orientexpress-stage.jp/
【公式Twitter】@orient_St

 

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ