【ベルばら】中年男性(37)が生まれて初めて少女漫画を読んだらドハマりした話 / あるいは『キングダム』マニアの視点で考察する『ベルサイユのばら』



少女漫画の一体どこが面白いのか? 付き合ったとか、別れたとか、イケメン転校生と席が隣とか、教科書見せたら手紙渡されたとか、両親が海外に行っているから実は家で2人きりだと判明とか、友達以上恋人未満とか、F4とか、大っきらいとか、やっぱり大好きとか……どうでもええねん!

──と思ってる男性、世の中に一定数いるはずだ。かくいう私がまさにそうで、37年もの間少女漫画を敬遠して生きてきた。ところが先日、ふとしたきっかけで『ベルばら』こと『ベルサイユのばら』を読むことになり……って話を紹介したい。

・『キングダム』マニアの目線
最初に言っておきたいのだが、私は漫画『キングダム』の熱烈なファン。その目線で『ベルばら』の素晴らしさを紹介しているため、キングダムのことをよく知らない人はなに言ってるかサッパリ分からない可能性がある。あらかじめご了承いただきたい。

ちなみに、私がどれくらい『キングダム』を好きかというと、木曜日発売のヤングジャンプを待ちきれず、水曜の夜コンビニに行き、店員さんが棚に陳列し始めるタイミングで購入するレベル。近所のコンビニの “ヤンジャン陳列タイミング” は完璧に把握している。

もう1つ言うならば、「キングダムのような歴史系の漫画は他にないか?」と検索しまくり、見つけたら片っ端から読みまくり……。やがて読むものが無くなったので、少女漫画に手を出すレベルだ。

・Kindle版の1巻を購入
つまり、私が『ベルばら』を知ったのは歴史ものを探していたら引っかかったから。それだけの理由で、ひとまず購入はしたものの……正直に言って私の中の期待値は激低だった。なにせ少女漫画だし。

大変失礼な話なのだが、「つまらない可能性大だから、買うのは1巻だけにしとこう」という気持ちでKindle版をダウンロードした。

そして、読み始めたところ……

オスクウァァァァアアアアアル!

アンドゥゥゥレレレレレェェェェ!!

マリーアントゥゥワヌェエエットゥゥゥゥ!!!!

──気がつけば、全巻制覇していた

さらに、同作の作者・池田理代子先生の他の作品も読みたくなり、ダウンロードしまくったところ……

Kindleパンクすますた。

・なぜ面白いのか?
こうして、「少女漫画はつまらない」という自分の考えが完全に間違っていたことを痛感したわけだが、同時に、私はこう思った。「ベルばらはキングダムのようだ」と。

なぜか? それはなにも、両漫画ともに歴史的事実をベースにアレンジを加えた作品というだけではない。ジャンル的に似ているとかそういう話ではなく、また、類似しているとかパクリとかそういう恐れ多い話ではない。

ただ、『キングダムマニア』の視点で『ベルばら』を読んでいくと、なんでも『キングダム』に当てはめて考えてしまうということだ。たとえば、冒頭部分は……

・『ベルばら』に漂(ひょう)がいる
『キングダム』の読者ならご存知の通り、序盤で登場する漂(ひょう)は非常に重要な存在である。漂がいるからこそ、主人公の信(しん)が天下の大将軍を目指す理由がはっきりするからだ。なんなら、読者が信や飛信隊を応援しちゃう理由の多くは、漂がもたらしたものと言えるかもしれない。

そんな “漂的” 存在、『ベルばら』にも登場するように思う。マリー・アントワネットのお母さん、マリア・テレジアだ。同作の序盤では、マリア・テレジアがマリー・アントワネットを心配するシーンが描かれており、だからこそ多くの読者が物語に引き込まれるのではないだろうか。

というのも、あの序盤のシーンで、読者は「マリー・アントワネットは母親に愛された1人の人間」という印象をいやが応でも抱いてしまう。だからこそ、読んでいる方はマリー・アントワネットを見捨てられない。政治能力的には問題がある人物と思っても、応援しちゃう。

そんな応援を無視するかのように、マリー・アントワネットは無茶苦茶する。考えられないようなことを、やりまくる。「もっと空気読めや!」と思いつつも、読んでいる方はハラハラ……。え、どうなっちゃうの? 気になるんですけど!? マリー・アントワネットが死ぬのは嫌なんですけど……!!

──って気持ちに読者がなっちゃう要因の多くは、マリア・テレジアが生み出している……という気がするのだが、どうだろう。

もちろん異論はあるだろうが、私はマリア・テレジアが出てきたとき、「こりゃあ漂だな」と思わずにはいられなかった。ほかにも、オスカルは羌瘣(きょうかい)。黒い騎士は当然ながら王翦(おうせん)。苦労をしていて、頭の切れるロベス・ピエール李牧(りぼく)。

オスカルの演説は、蕞(さい)での政(せい)のようだし、ヴァレンヌ事件は、紫夏(しか)と政のエピソード……。このように、全部キングダム当てはめて考えてしまったのは、マリア・テレジアが、キングダムファンの私にとってはあまりにも漂だったからだ。

──と、キングダムを知らない人にとってはさっぱり意味が分からないこと(もしかしたら同作を知っていても意味が分からないこと)を長々と語ってきたが、とにかく本記事で私が言いたいのは……

「ベルばらはマジで面白いぞ~! 歴史ものが好きな人はハマる可能性だぞ~! 特に男子~! 少女漫画だからって敬遠すんなよ~! 食わず嫌いはもったいないぞ~!」

ってことだ。今まで自分が少女漫画を敬遠していた反省を込めて、これを締めの言葉とさせていただきたい。記事は以上! ……よし、これから『ママレード・ボーイ』読むぞ~!

参考リンク:Amazon「ベルサイユのばら(1)」、「キングダム(1)
Report:和才雄一郎
イラスト:稲葉翔子
Photo:RocketNews24. / Wikimedia Commons.[1][2]

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ