蒼井優「10代からの演技の大先生と共演できた」 竹内結子「家族っていいなあと思う瞬間が来る」

テレビファン

2019/6/1 15:28


 映画『長いお別れ』公開記念舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、竹内結子、松原智恵子、北村有起哉、蒲田優惟人、中野量太監督が出席した。

本作は、認知症になり記憶を失っていく父・昇平(山崎努)と向き合うことで、自分自身の人生を見詰めていく東家の家族の物語。

東家の次女・芙美を演じた蒼井は「この映画は東家の話ではあるのですが、実は主役がいないんです。誰の目線になって見ても成立する作りになっているので、(見ながら)徐々に誰の目線になっていくのかを楽しんでいただきたいです」と作品の魅力を語った。

東家の長女・麻里を演じた竹内は「今日はちょっと雨が降りそうだな、あの人傘を持ったかな?ってふと(家族を)思ったときに、やっぱり家族っていいなあと思う瞬間が来るんです。ご覧になった方が誰かの顔を思い浮かべる瞬間を私は楽しみにしています」と笑顔で話した。

また、イベントではスケジュールの都合で欠席となった山崎からの手紙が読まれる一幕もあった。

蒼井は「私がこの世界に飛び込んだときに手にしたのが、山崎さんが書かれた『俳優のノート』という本でした。10代の最後から一生懸命それに線を引きながら学んできて、10年以上の時を経て大先生と共演できて、自分にとってすごく意味のある作品になりました」と感慨深げに語った。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ