原田龍二、不倫発覚後初の会見 「自分は性欲が強く…」と赤裸々に明かした肉体関係

しらべぇ

2019/5/31 20:30




しらべぇでも既報の通り、ファン複数人との不倫が発覚した俳優・原田龍二が31日、『5時に夢中!』(TOKYO MX)の生放送後に記者会見を行った。

不倫が明らかになってから、はじめて報道陣の前に姿を現した原田。「常日頃からお世話になっている関係者の皆様にご心配をおかけし申し訳なく思う」と5秒程度頭を下げ謝罪した。

■肉体関係を率直に告白


関係を持っていた女性は2人だといい、今回報じられた以外には不倫相手はいない、と断言。好意はなく、肉体関係が中心だったという。

なぜ不倫をしたのかと問われると「不徳のなすところ」と繰り返す。だが、「自分は性欲が強い」「車内で性行為をしていたが、大好きというほどではない」と言及する場面があった。

■息子・娘からは叱責の返信


不倫発覚後、子供にはまだ会っておらず、妻の口から子供に知らされたという。その時の様子について「息子は泣き、娘は気丈に振る舞っていた」とするも、メールで2人に「恥ずかしい思いをさせてごめんね」と謝罪の意を伝えた。

すると息子は「僕を叱責するような言葉があった」と言い、娘からは「なにやってるの」と非難するメールがあったと明かした。

■仕事があれば裸でもなんでも…




今後の仕事について、「オファーがあれば裸でもなんでもさせていただきたい」と謹慎せず、仕事があれば活動を続けることを明言。

過去には、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない』(日本テレビ系)のシリーズにも出演し、裸芸も披露したことがある原田。「ダウンタウンさんにもお世話になっていますが、笑ってイジっていただけたら。ここ数年は笑っていただけることが気持ちいいと感じる」と、反省の意はハッキリと示しつつも今回の騒動を笑いに変えてくれればと話す。

■マイナスからのスタート


報道で苦しめられたか、と問われると「不倫という恥ずかしい思いをすることが自分を(かえって)成長させるありがたい機会だなと思う」とあくまで前向き。

今後は「子供にもメールした、『こんなバカなパパでごめんね。心を入れ替えて愛する君たちのためにマイナスからはじめる』」とマイナスから家族関係を修復させることを宣言した。

・合わせて読みたい→尾木ママ、原田龍二の不倫報道に「不倫ではない」と断言 その理由に納得の声

(取材・文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ