キムタク主演のTBS10月期「日曜劇場」にパクリ疑惑、映画『二ツ星の料理人』に酷似

日刊サイゾー

2019/5/29 20:30


 元SMAPで俳優の木村拓哉が、10月期のTBS系「日曜劇場」枠でフランス料理の天才カリスマシェフを演じることがわかった。

主人公と一緒に三ツ星レストランを目指すシェフ役には、同枠『華麗なる一族』以来12年ぶりの共演となる鈴木京香。木村演じるシェフは、パリに自分の店を持ち二ツ星を獲得するも、店で起きた重大事件をきっかけにすべてを失い、どん底に。しかし、ある女性シェフと出会ったことがきっかけで、再起をかけて立ち上がるという。脚本は、フジテレビ系『貴族探偵』や同『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』の黒岩勉氏。演出はTBS系『中学聖日記』や同『THE GOOD WIFE / グッドワイフ』の塚原あゆ子氏が手掛ける。

「キムタク演じる天才カリスマ主人公が、どん底から這い上がっていくドラマは、もはや既視感しかない。案の定、ネット上では『いつものキムタクよいしょドラマ』『はいはい、かっこいい、かっこいい』などと揶揄が飛び交っているが、最近主演した『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)と『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の最終回の平均視聴率はそれぞれ16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と17.3%。好感度は低くても、数字は持っています」(テレビ誌記者)

現段階では『タイトル未定』とアナウンスされている同作。ある映画とあらすじが酷似していることから、パクリ疑惑が浮上している。

「プロットを見る限り、2015に公開されたブラッドリー・クーパー主演の映画『二ツ星の料理人』と瓜二つ。同映画は、パリの一流フレンチレストランの二ツ星シェフが、スキャンダルを起こし逃亡。しかし3年後、ロンドンで『三ツ星をとって世界一になる』と誓い、ヘッドハンティングした女性料理人などと奮闘する物語。木村のドラマも初回放送用にパリでロケを行うようですし、原案にしているか、リメイクとしか思えない。しかし、TBSのPR資料には、どこにもクレジットが見当たりません……」(同)

タイトルが決まる前から話題沸騰の木村主演ドラマ。この世間の関心の高さは、「さすがキムタク様」といったところだろう。


当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ