藤原紀香、片岡愛之助との結婚を反対した人物を告白!『ダウンタウンなう』

テレビドガッチ

2019/5/30 15:00

藤原紀香が、5月31日に放送される『ダウンタウンなう』(フジテレビ系、毎週金曜21:55~)の人気企画「本気でハシゴ酒」に登場。歌舞伎俳優・片岡愛之助との結婚を反対していた人物を明かす。

「本音でハシゴ酒」は、ダウンタウン(浜田雅功松本人志)、坂上忍と酒を飲みながら本音で語り合うコーナー。この日は、高橋メアリージュンが“飲み仲間”として参加する。

藤原といえば、2016年に愛之助と結婚。女優として活躍しながら、妻として夫をサポートする藤原に、「どこにもしゃべってない話が聞きたい」と松本も興味津々。「どういう世界なのか分からない」と歌舞伎俳優との結婚生活について想像がつかない様子の一同に対し、藤原は「普通に暮らしている。老夫婦みたいな感じ」と素直に答えていく。

また、交際のきっかけは、週刊誌の報道を受けてとった愛之助の“男前な行動”だったと告白し、一同を驚かせる。また、坂上が「2度目の結婚に葛藤はなかったのか?」と、当時の心境について鋭く切り込む場面も。さらに、2人の結婚にはある人が反対していたという。その意外な人物とは? そして、藤原がとった作戦とは?

女優業を続けながら、妻の務めも果たし、隙のない完璧なイメージがある藤原だが、20年来の親友・はるな愛が藤原の禁断の裏の顔を暴露する。あるものにハマっていた過去から、愛之助だけに見せる恥ずかしい一面まで、藤原の知られざる意外な素顔が次々に明かされる。そんな藤原に対して、夫・愛之助からも直してほしいところがあるとタレコミが届く。最後は藤原がまさかのカラオケものまねを披露し、店内は大盛り上がりとなる。

別の店のゲストは、バイオリニスト・木嶋真優。3歳からバイオリンをはじめた木嶋は、14歳の時に国際コンクールで日本人として最年少で最高位を獲得。15歳でドイツに渡り、ケルン音楽大学を首席で卒業したまさに天才バイオリニスト。その実力は高嶋ちさ子も太鼓判を押し、指揮者・小澤征爾も彼女を指名するほど。そんな彼女が乾杯前に生演奏を披露する。「(高価すぎるので)お酒を飲んで弾けない」と言う、超高級楽器・ストラディバリウスの音色が少し場違いなホルモン屋に響き渡る。

この日は、そんな天才バイオリニストの独特すぎる恋愛観が明らかになり、松本が「やはりクラシックの人はおかしい」と断言する展開となる。好みのタイプは「私、60歳以上が好き」と爆弾発言をし、一同を驚かせると、さらに「男性は加齢臭がマスト」と語り、ダウンタウン、坂上の3人の加齢臭をチェックすることに。男性陣3人の頭の臭いを次々に嗅いでいく木嶋が「ダントツに臭かった」と断言するのは誰なのか?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ