志尊淳が初のヌードで挑む官能ラブストーリー『潤一』が1週間限定で劇場先行公開へ 初日舞台挨拶も決定

SPICE


志尊淳主演のドラマ『潤一』が、東京・丸の内ピカデリーにて6月14日(金)から1週間の期間限定で先行公開されることが決定した。あわせて、同作の特別ビジュアルが解禁されている。

『潤一』は、直木賞作家・井上荒野氏の同名連作短編集を連続ドラマ化したもの。26歳の青年・潤一と、6人の女性たちをめぐるラブストーリーが描かれる。主人公の潤一役で、『烈車戦隊トッキュウジャー』やNHKの連続テレビ小説 『半分、青い。』、『女子的生活』などで知られる俳優・志尊淳が主演。「自分の概念が否定された」と原作について語る志尊は、本作で自身初となるヌードを披露し、官能的なベッドシーンを演じているという。潤一の虜となる女性たちを演じるのは、藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子ら。メガホンをとるのは北原栄治監督と、『夜明け』の広瀬奈々子監督。脚本を、『エンディングノート』の砂田麻美氏が手がける。


解禁されたビジュアルは、上半身裸で濡れた志尊淳がこちらを見つめる姿を全面に押し出している。なお、劇場公開される『潤一』と、TV放送・配信されるドラマ『潤一』は、同一の内容とのこと。

また、劇場公開初日となる6月14日には、キャストが登壇する舞台挨拶が行われることも決定。舞台挨拶のチケットは、6月1日より随時予約販売予定。

ドラマ『潤一』は6月14日(金)より丸の内ピカデリーにて1週間限定上映。

関西テレビにて2019年7月12日(金)25時55分から放送。Amazonプライムビデオ、iTunes他にて2019年6月26日(水)よりデジタルセル先行配信。放送終了後国内プラットフォームにて見逃し配信予定。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ