去年の夏は暑かったねぇ...でも2019年はも~っと暑いよ

globalwarming
Image: Berkeley Earth

※この記事は2019年2月1日に公開された記事の再掲載です。

暑いのかぁ...。

2018年は人類史上4番目に暖かい年だったそうです。そして今年2019年はさらに暖かく、いや暑くなりそうです。

米国の気候変動に関する独立研究機関Berkeley Earthの発表によると、1951~1980年の平均気温より現在の地球は0.77度気温が高くなっているそう。NASAも同じ発表をしています。

2018年は「暖かかった年ランキング」5位の2010年よりもずっと暖かい年でした。実はランキング入りしているトップ4はすべて過去4年間なんです。気候変動でもう暖かい年がデフォルトになりつつありますね。

この先はどんな気候パターンが起こり、どんな風に変わっていくのでしょうか。エルニーニョ現象は、南米ペルー沖の太平洋海面温度が高くなる現象のことを言いますが、科学者たちもBerkeley Earthの人たちもエルニーニョの影響で2019年は記録を作るような暖かい年になりそうだと予想しています。



「2019年はおそらく2018年よりも暖かい年になると我々は推計しています。しかし、これまでで一番暖かかった2016年ほどではないと考えています。2019年は、1850年以降史上2番目の暑い年になる可能性が50%ほどです」と分析発表されています。

今年はすでにその予感をヒシヒシ感じています。南半球にある夏真っ盛りのオーストラリアは異常な暑さに見舞われていますし、現在の時点ですでにアフリカやアジアも普通よりすでに暖かいそうです。

Berkeley Earthの気温分析は世界の気温の記録のひとつですが、国立気象局の記録と年間アップデートもそろそろ出てくる頃で、NASAなど他の機関も年間平均気温のデータを取っています。いろんな機関から出そろっても、おそらくBerkeley Earthの予想に似たものになると考えられています。また猛暑になるのか...。考えるだけでもう汗が出てきますね。

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ