犬系男子が好き♡特徴や上手なアプローチの仕方を徹底解説します!

folk

2019/5/25 20:00


犬系男子特集♪大好きな彼女に子犬のように無邪気に甘えてくる、そんな可愛らしい犬系男子を好きな女性って多いですよね。では、犬系男子と仲良くなるためには、どのような扱い方やアプローチをすれば、効果的に好意を伝えられるのでしょうか。

今回は「犬系男子の特徴」や「犬系男子の恋愛傾向」「犬系男子へのアプローチ方法」など、犬系男子を攻略するために知っておきたいアプローチ方法や、落とし方のコツをご紹介します。

犬系男子とは


恋愛

無邪気なチワワタイプ


犬系男子の中にもさまざまなタイプが存在しますが「チワワタイプ」は、とにかく無邪気で甘えん坊です。

チワワタイプの犬系男子は、好意を持っている女性が目の前に現れると、自分の存在をアピールしたくてしかたない心理状態に陥ってしまいます。

好きな女性が自分の存在に気づいてくれるまで、キャンキャンとアピールするでしょう。

また、チワワタイプの犬系男子は、自分の可愛さを知っている男性が多いので、あざとささえ感じられる魅力で、好きな女性との距離を縮めようとします。

気分屋なシーズータイプ


犬系男子2つめは「気分屋なシーズータイプ」です。シーズータイプの犬系男子は、一見すると温厚でのんびりした印象を周囲に与えますが、なかなかの気分屋です。

気分屋なので、自分の気分が乗っている時はどんなことでも盛り上がることができますが、一旦自分の気分が落ち込むと、周囲の呼びかけにすら反応しない犬系男子もいます。

クールなシェパードタイプ


犬系男子3つめは「クールなシェパードタイプ」です。シェパードタイプの男性は、とても賢く知的な印象の犬系男子です。

体型もスリムで運動神経抜群の犬系男子がほとんどですので、かなり女性にモテるタイプだと言えるでしょう。

また、クールなシェパードタイプの犬系男子は、自分に厳しく他人に優しいという特徴も持っているので、周囲からの人望も厚い犬系男子が多いです。

クールなシェパードタイプは、クールな性格と対象的に、自然と人を引き寄せる魅力を持っています。

攻略が難しいビーグルタイプ


犬系男子4つめは「攻略が難しいビーグルタイプ」です。ビーグルタイプの犬系男子は、可愛らしい見た目とは裏腹に、自分の意見や感情を吠えまくるという特徴があります。

周囲に流されない性格ですので、簡単に攻略ができない手強い相手だという印象を周囲に与えてしまいます。ですが、その分自分の意見をしっかり持った芯の強さが魅力です。

犬系男子の特徴


恋愛2

特徴①甘えん坊で彼女大好き


犬系男子の特徴1つめは「甘えん坊で彼女大好き」だということです。犬系男子はとにかく甘えん坊です。特定の女性を自分の彼女だと決めると、一直線に彼女に愛情を注ぎます。

犬系男子のブレない愛情は、女性の心をほっこりと和ませてくれるでしょう。甘えん坊な性格が時に煩わしく感じることもあるかもしれませんが、犬系男子のチャーミングな魅力で、きっと「仕方ないなぁ」と、許してしまいたくなるはずです。

特徴②寂しいことが苦手


犬系男子の特徴2つめは「寂しいことが苦手」だということです。犬系男子は、彼女に放ったらかしにされる寂しいことが大の苦手です。大好きな彼女には、いつだって構って欲しいし、甘えん坊を許して欲しいと思っているのです。

犬系男子は、寂しいことがあるとすぐに友達の中に紛れて、自らの寂しさを紛らわそうとします。「寂しい時には絶対1人になりたくない」と思う傾向が強いのも、犬系男子の特徴なのです。

特徴③行動が単純で素直


犬系男子の特徴3つめは「行動が単純で素直」だということです。犬系男子の行動はとてもわかりやすいです。思っていることがすぐに顔に出てしまうので、嘘を隠せないという特徴を持っています。

犬系男子は、嬉しいことは素直に喜び、悲しいことがあると素直に悲しむという、何とも単純で素直な行動をとるので、周囲の人達から愛される存在になることが多いのです。

特徴④落ち込むとわかりやすい


犬系男子の特徴4つめは「落ち込むとわかりやすい」ということです。犬系男子は、悲しいことや不安なことがあると、そのことを隠そうと思っても上手く隠すことができません。

犬系男子は、落ち込むことや不安なことがあると、口数が減るどころか今にも泣き出しそうな表情をします。

本人は精一杯に取り繕っているつもりですが、あまりにもわかりやすい行動をとるので、周囲の人達からするとわかりやすいくらいにわかってしまうのです。

特徴⑤爽やかでモテる


犬系男子の特徴5つめは「爽やかでモテる」ということです。犬系男子は、かなり爽やかな男性が多い傾向にあります。犬系男子の単純で扱い方が楽な性格も、女性の目から見れば「サッパリしていて素敵」だと評価されるのです。

犬系男子の素直で爽やかな性格が、犬系男子が女性からモテる特徴のひとつなのです。犬系男子の「魅力が詰まった性格」をどんどん引き出すことができれば、天性のモテ男に変化する可能性だって十分にあり得るのです。

犬系男子の恋愛傾向


恋愛3

一途で浮気はしない


犬系男子の恋愛傾向1つめは「一途で浮気はしない」ということです。犬系男子は、特定の女性を「彼女」だと決めたら、他の女性へ興味を持ったり浮気に走ろうということはしません。

なぜなら、大好きな彼女の悲しむ顔なんて見たくないからです。犬系男子は、真っ直ぐで深い愛情を持った素敵な男性であるということを、しっかりと理解して、犬系男子に対しても誠実に対応をすることを心がけましょう。

アプローチが肉食系


犬系男子の恋愛傾向2つめは「アプローチが肉食系」だということです。犬系男子は、甘えん坊で可愛らしい性格をしていますが、実はかなりの肉食系男子でもあるのです。

好意を寄せる女性に対しては、女性の感情なんて気にせずに、ストレートに自分の愛情を伝えようとします。何事に対してもわかりやすい行動をとるので、犬系男子がストレートに好意をぶつけてきたら、それはあなたへの脈ありサインである可能性が高いのです。

脈ありだと感じるとすぐ告白しちゃう


犬系男子の恋愛傾向3つめは「脈ありだと感じるとすぐ告白しちゃう」というものです。

犬系男子は、肉食系な恋愛傾向の男性がほとんどですから、女性から好意を感じるとすぐに「脈ありだ!」と判断し、猪突猛進の勢いで告白をしてしまいます。

犬系男子は真っ直ぐで熱い性格の男性が多いので、恋愛の駆け引きなんて苦手ですし、好意は好意としてストレートに告白してしまいたいという心理状態に陥ってしまうのです。

好みのタイプは猫系女子


犬系男子の恋愛傾向4つめは「好みのタイプは猫系女子」だということです。

犬系男子は、真っ直ぐで甘えん坊な性格ですが、犬系男子の好みのタイプは意外にも、自分とは真逆とも言えるツンデレな猫系女子なのです。

犬系男子は自分が持っていない、猫系女子の気分屋で奔放な性格についつい惹かれてしまいがちです。猫系女子のたまに見せる愛情表現に、グッときて深みにハマってしまうのです。

付き合う前でも彼氏気取り


犬系男子の恋愛傾向5つめは「付き合う前でも彼氏気取り」だということです。

犬系男子は、好意を寄せる女性が少しでも自分に優しくしてくれたら「きっと脈ありなんだ!」と、判断してしまう傾向があります。

ですから、付き合う前でも好意がある女性には彼氏気取りでLINEを送ったり、デートに誘ってしまうのです。

熱い肉食系タイプの犬系男子は、お互いの好意さえ感じることができれば、付き合う前に体の関係を持ってしまうことも少なくないでしょう。

犬系男子へのアプローチ法


恋愛4

マメなLINEで印象づける


犬系男子へのアプローチ法1つめは「マメなLINEで印象づける」というものです。犬系男子は、好きなものに対しては一直線に向き合っていこうとしますので、好意を寄せる女性に対しても同じです。

犬系男子は、好きな女性に対し、毎日のようにマメにLINEを送ります。ですから、犬系男子の好意の表し方をあなたの方から実践してみることで、犬系男子に効果的にアプローチすることができるのです。

犬系男子の魅力を褒めちぎる


犬系男子へのアプローチ法2つめは「犬系男子の魅力を褒めちぎる」というものです。犬系男子は、褒められて伸びるタイプの男性が多いです。

とくに、女性から褒められることに対してとても心地良さを感じてしまうでしょう。

例えば「◯◯君の頑張りやさんなところって素敵だね」だとか「◯◯君って男らしくてかっこいいよね」と、照れ臭くなるほどストレートに褒めることで、褒めたことがきっかけで、犬系男子はあなたに好意を抱く可能性すらあるのです。

相性の良さをアピールする


犬系男子へのアプローチ法3つめは「相性の良さをアピールする」ということです。犬系男子には、自分と犬系男子の相性が良いということを植え付けることをおすすめします。

例え、こじつけのようなものでも「私達って、やっぱ相性いいよね」ということを言い続けることで、犬系男子も初めの頃は「そうかな?」と思っていても、段々と「確かにそうかも!」と、巻き込んでしまうことができるのです。

好意をストレートに伝える


犬系男子へのアプローチ法4つめは「好意をストレートに伝える」ということです。犬系男子に恋愛の駆け引きや、回りくどいやり方は通用しません。

なぜなら犬系男子は、本人がとても単純で素直な性格のため、ストレートな表現を好む傾向があるのです。ですから、犬系男子に好意をアプローチする時は、言葉で「◯◯君のそういうところ好き!」と、素直に表現しましょう。

落とし方のカギは「結婚」


犬系男子へのアプローチ法5つめは、犬系男子の落とし方のカギは「結婚」だということを意識するということです。

例えば「私、料理好きだから将来誰かと結婚したら、毎日温かいご飯で旦那さんを迎えてあげたいんだ♪」と、会話の中で「幸せな結婚生活を思い描かせる」ということです。

犬系男子は、温かな結婚生活に憧れや理想を描いている男性が多いです。まだ付き合う前だとしても、犬系男子に「この女性と結婚したら幸せそうだな…」と思わせることで、あなたに興味や好意を抱きやすい状況を作ることができます。

犬系男子が彼氏だった時の扱い方


恋愛5

長く不安にさせないように気をつける


犬系男子が彼氏だった時の扱い方1つめは「不安にさせないように気をつける」ということです。

犬系男子は、寂しいことが大嫌いです。とくに、彼女に対して不安や寂しい気持ちを抱くのは、犬系男子にとってはとても辛いことです。

犬系男子の不安な気持ちに気づかずに放って置くと、あなたの元から逃げてしまう可能性があるので、彼氏が犬系男子だった場合は長く不安にさせないように気をつけましょう。

喧嘩の時は先に折れる


犬系男子が彼氏だった時の扱い方2つめは「喧嘩の時は先に折れる」ということです。彼女のことが大好きで甘えん坊な犬系男子ですが、元々が肉食系気質なので、喧嘩になると火が付きやすいという特徴があります。

犬系男子は、彼女と喧嘩になるとなかなか自分から折れることができずに、いつまでも拗ねてしまうことが多いでしょう。

そんな犬系男子の男性心理を理解して彼女の方から折れることで、犬系男子は「ごめんね」「ありがとう」という感動から、ますますあなたへの愛情が増してしまうでしょう。

慣れても雑な扱い方はNG


犬系男子が彼氏だった時の扱い方3つめは「慣れても雑な扱い方はNG」だということです。犬系男子が彼氏だった場合、付き合う前以上に犬系男子のケアやフォローが大切となります。

犬系男子は「釣った魚に餌をやらない状態」にされると、一目散に逃げ出してしまうでしょう。犬系男子と良好な関係を維持するためには、慣れても雑な扱い方はしてはいけません。

アメとムチを上手に使う


犬系男子が彼氏だった時の扱い方4つめは「アメとムチを上手に使う」ということです。犬系男子の好みのタイプは、ズバリ猫系女子です。

犬系男子は、女性の気まぐれな愛情表現にグッとくるタイプなので、常にベタベタしていると簡単にマンネリ化してしまいます。

ベタベタする日が続いたら、ふいにそっけなくしてみる、そして犬系男子が少し不安になったところでまた甘えさせるということを繰り返すと、犬系男子はいつまでもあなたを追いかけてくれるでしょう。

スキンシップは多めに!


犬系男子が彼氏だった時の扱い方5つめは「スキンシップは多めにする」ということです。犬系男子は、彼女と一緒にいる時は常に彼女の体に触れていたいと思っています。

ただボーっとテレビを見ている時でも、彼女とくっついていることで安心感を感じることができるのです。犬系男子が彼氏だった場合は、一緒にいる時のスキンシップに意識しましょう。

犬系男子はこんな人!


犬系男子は、言葉の通り「犬のような性格を持った男性」のことです。甘えん坊で彼女に従順な性格を持っていますので、比較的扱い方が楽なタイプであると言えます。

また、犬系男子は一度彼女に本気で心を許すと、彼女をどこまでも大切にしようとする、とても素敵な男性です。

犬系男子の可愛らしくて頼りになる性格を理解して、素敵な関係を築いていってくださいね!

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ