『なつぞら』9週、入社試験に不合格になったなつ 夢はどうなる!?

クランクイン!

2019/5/25 11:00

 NHK連続テレビ小説『なつぞら』第9週「なつよ、夢をあきらめるな」では、アニメーターを目指して東京にやってきたなつ(広瀬すず)は、憧れの東洋動画の入社試験を受けることに。だが不合格となり、自らの行く先を見失ってしまう…。

【写真】『なつぞら』第9週フォトギャラリー

東洋動画の試験当日、受験人数の多さに圧倒されるなつ。絵の試験に続き、面接に臨むと、かつて帯広の映画館のスクリーンで見た東洋動画の大杉社長(角野卓造)の姿が。なつは自身の境遇について語り、大杉社長は「奥原なつ」の名前に、何かを思いだす。

結果、なつは不合格になってしまう。雪次郎(山田裕貴)から、なつの様子を知らされた兄・咲太郎(岡田将生)は役者仲間のツテを頼り、東洋動画のアニメーター・仲(井浦新)に直接、不合格の理由を聞きに行く。すると仲は、試験に落ちたのは咲太郎のせいだと語るのだった。

数日がたち、なつが亜矢美(山口智子)の店・風車にいると、咲太郎が警察に捕まったと信哉(工藤阿須加)が知らせにやって来る…。

先週放送の第8週「なつよ、東京には気をつけろ」では、上京を前に、北海道大学に合格した夕見子(福地桃子)、東京で菓子職人修行をする雪次郎とともに送別会を開いてもらったなつは、柴田家のみんなに感謝を告げる。その場で天陽(吉沢亮)は「俺はなっちゃんが好きだ」と告げ、一方留守番をしていた泰樹(草刈正雄)は密かに涙を流す。

数日後、なつは雪之助(安田顕)・雪次郎親子と一緒に上京。雪次郎が菓子修行をする新宿・川村屋を訪ね、マダム・光子(比嘉愛未)と再会。なつは光子の好意で、川村屋に住み込みで働くことになる。新生活を始めたなつは、咲太郎をよく知るクラブ歌手・カスミ(戸田恵子)に誘われ、近所のおでん屋・風車を訪ねる。なつが女将の亜矢美に兄への思いを話すと、なぜか亜矢美は動揺する。亜矢美は、咲太郎の育ての母のような存在だったのだ。

その後川村屋で咲太郎となつは再会。強制的に働かされていると誤解した咲太郎は、なつを店から連れ出し、風車に連れて来る。そこでなつは亜矢美と咲太郎の関係を知る。亜矢美の店で一緒に暮らそうという咲太郎に、自分と妹を捨てて楽しく暮らしていたんだと、なつは怒りをぶつける。その後咲太郎は、なつとともに川村屋の下宿を訪れ、雪次郎たちも交え話すことで誤解がとける。だが、なつの夢を知った咲太郎は余計なことをしてしまう、という内容だった。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ