坂口健太郎、筋トレにハマって1カ月「筋肉は裏切らない!」


6月21日公開の映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の完成披露試写会が23日、都内で行われ、坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、野口照夫監督、山本清史監督(ゲームパート監督)が出席した。

息子である事を隠して父とオンライン ゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログが原作の本作。この連載はたちまち人気を集め、連載最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほど大きな話題を集めた。その後、SNSで絶賛の声が爆発的に広がり、ネットの世界を飛び出して書籍化が実現。さらに地上波でドラマ化もされた感動作を、坂口健太郎と吉田鋼太郎のダブル主演で映画化した。ずっとすれ違ってきた父子(吉田鋼太郎と坂口健太郎)が、オンラインゲームの世界を共に旅する、というストーリーとなっている。

息子・岩本アキオ役を演じた坂口は「最初は僕がゲームの世界に入ると思ったんですが、台本を読んだらゲームという主軸はあるが、父と息子のヒューマン的なものだと思いました。だから僕と鋼太郎さんが主演をやらせてもらい、アキオがお父さんの背中を見る眼差しはセリフじゃないところが大事だと思いましたね」と感想を。父親・暁役の吉田は「テレビ版では大杉漣さんが僕の役をやっていました。素晴らしい俳優だと思っていた大杉さんがお亡くなりになり、その役をやらせていただくということで、まず身が引き締まる思いやプレッシャーを感じました。テレビ版のファンの方もいると思いますので、その方たちや大杉さんを裏切らないよう、一生懸命やるしかないなと最初は思いましたね」と相当な覚悟の上で撮影に臨んだという。

父子がオンラインゲームに熱中するという本作のストーリーにちなみ、「これまでの人生で熱中したことは?」という質問に、「最近トレーニグしています。筋肉は裏切らないという世界になってきましたね。まだ1カ月ちょっとですけど(笑)」と回答した坂口の身体を触りまくった吉田は「(1カ月)なのにすげー! すごい自慢してる」と笑いを誘う場面も。一方の女性陣は佐久間が「私はもっぱら馬ですね。乗馬にとってもハマってしまって抜け出せないんです」と答え、山本は「ない(笑)。本当の趣味とかなくて、見つけられたらいいなというところですかね。家にいることが多いので寝ること(笑)。寝るのが好きで、寝られる時はずっと寝ていたいです」と回答していた。映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、6月21日より全国公開。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ