嫉妬心に押しつぶされないで。ジェラシーをコントロールする方法

マイロハス

2019/5/24 05:30

ジェラシー
image via shutterstock

嫉妬の心は、たいていしばらくすると消えてくれるものです。でも、消えないときはどうすればいいでしょう?

嫉妬の心に対処するには、ただ無視して前に進むのがいちばんと思うかもしれません。ところが、嫉妬の感情が存在しないふりをするのは、“大災害”につながる道です。

「それでは嫉妬心のために深刻なダメージを受けてしまいます。その感情があふれだし、心が折れてしまう結果になりかねません」と話すのは、心理学博士のマーク・B・ボーグ・ジュニアさん(共著に『Irrelationship and Relationship Sanity』があります)。

結婚・家族セラピスト(MFT)のリサ・ガネルさん(理学修士、認可臨床結婚・家族セラピスト)は、「感情をコントロールするには、まず深呼吸をします。そして、次の行動に移る前に、自分が本当はどう感じているのか、そしてどのように対応したいのか、考える時間を作ります」とアドバイスします。

それでは、ガネルさんがおすすめの嫉妬心に健全に対処する方法を見ていきましょう。

嫉妬心のメカニズムについては、こちらの記事で。

1. 感情から自分を切り離す

ハートを切る
image via shutterstock

自分は嫉妬深いとレッテルを貼るのではなく、一時的に嫉妬の感情が心の中に生まれているだけと思い出します。そう考えると、自分の感情に飲み込まれずに、冷静でいられます。

「それが対処する必要のある感情なのか、ただ通り過ぎるにまかせる方がよいものなのか、決めやすくなるのです」とガネルさん。

2. 嫉妬心が本当はどこから来ているのか知る

考える女性
image via shutterstock

その人が過去に行った行為によるのか、自分の不安のためなのか。

嫉妬心が生まれる理由がわかると、その人に対して働きかけるべきなのか(あなたのパートナーは、少し友好的に振る舞いすぎる過去があるのかもしれません)、それとも自分の心の中だけで解決すべき問題なのか(以前のパートナーに裏切られたので、今のパートナーも裏切るのではないかと心配している)がわかります。

3. それを文字にする

ノート
image via shutterstock

「ペンを取って一呼吸おいて紙にしたためると、押し寄せる感情の波をおさえられ、感情のままに行動する手間でもっときちんと考えられるようになります」とガネルさん。

4.そして、それについて話す

話す女性
image via shutterstock

気持ちが落ち着いて、自分が本当はどのように感じているのかはっきりさせる時間を取ったら、それについてほかの人と話します。

心を開いて、自分の頭の中で何が起きているのか正直に話し、文句を並べるのではなく、嫉妬心を乗り越えるための手助けを求めます

「嫉妬心をきっかけとして人間関係を強くすることにつながりますし、どっちが悪いという責任のなすり合いから遠ざかっていられます。ほかの人も嫉妬した経験があると聞いて、驚くかもしれません」とガネルさんは述べます。

気持ちを穏やかに整える


Marygrace Taylor/How to Deal With Jealousy in a Healthy Way, According to Therapists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

当記事はマイロハスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ