坂口健太郎、トレーニングにハマる「筋肉は裏切らない」<劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん>

モデルプレス

2019/5/23 17:22

坂口健太郎/モデルプレス=5月23日】俳優の坂口健太郎が23日、都内にて行われた映画「劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」(6月21日公開)の完成披露試写会にW主演を務める吉田鋼太郎らとともに登壇した。

◆坂口健太郎が最近熱中しているものとは…



映画の内容にちなみ“これまでの人生で熱中したもの”を聞かれた坂口は、最近はじめたというトレーニングに熱中していることを告白。

会場から「えー」という声が起きると、「意外とね。熱中してます」と笑顔を見せ、吉田も「すごいんです」と坂口の体にタッチ。「筋肉は裏切らないです。そういう世界になってきました」とかなりの熱中具合を伺わせた坂口だったが、「長くやっているんですか?」とMCから質問が飛ぶと、「まだ1ヶ月ちょっと(笑)」と会場の笑いを誘った。

これに反応した吉田は「(はじめて1ヶ月なのに筋肉が)すげぇ」と驚きながら、再び坂口の胸の辺りに手を。舞台裏でも筋肉の話題が上がっているようで、坂口は「僕もさっきから触られにいってる。確かめてくださいって。すっごい自慢してます」と明かしていた。

◆吉田鋼太郎、大杉漣さんへの思い語る



本作は、息子である事を隠して父とオンラインゲームをプレイする日々を綴り、累計アクセス数が1,000万を超えるブログが原作。SNSで絶賛の声が広がり、ネットの世界を飛び出して書籍化、さらに地上波でドラマ化もされた感動作が、今回映画化される。

息子・岩本アキオ役の坂口は役作りで「ファイナルファンタジーXIV」をプレイしたそうで、「すごく楽しい役作りでした。遊んでいるわけじゃないですよ(笑)。現場で鋼太郎さんと一緒にお芝居をする感覚っていうのは頭の中においてやっていました」と回顧。

また、連続ドラマ版で大杉漣さんが演じたキャラクターのバトンを受け取った形の吉田は、父・岩本暁役を演じることについて「(大杉さんは)僕もとっても尊敬している素晴らしい俳優さんなので、まず、その役をやらせていただくというのに身が引き締まる思いというか、ものすごいプレッシャーというか…『大杉さんごめんなさい。やらせていただきます』という思いでした。TV版のファンの方の期待を裏切らないように、一生懸命やるしかないなと思いました」とオファーを受けた際の心境を語った。

なお、完成披露試写会には坂口らのほか、共演の佐久間由衣、山本舞香、メガホンをとった野口照夫監督、ゲームパートの山本清史監督、ゲームキャラクターのマイディーが登場した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ