博多大吉 華丸の舞台「3回とも泣いた」相方への想いとは…?

TOKYO FM+

2019/5/23 17:30

お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多大吉がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新番組「サッポロビール presents 博多大吉 愛のスコールアワー」。5月16日(木)の放送では、アシスタントの古賀涼子とともに「大人が泣いてもいいとき」についてトークを繰り広げました。


博多大吉

番組側が出すテーマに対し、大吉が独断と偏見、そして“愛”をもって答えを出すコーナー「大吉的・大人の〇〇アワー」。今回は、「大人が泣いてもいいとき」について探っていきます。

◆『さんまさんは泣かない』

古賀:大人になって、泣いたことはありますか?

大吉:人前ではないと思います……うん。

古賀:明確なポリシーがあるとか?

大吉:これは、明石家さんまさんの教えですね。僕が「福岡よしもと」に入ったときに、先輩が誰もいなくて。唯一、教えてくれる方が社員さんだったんです。その方が、さんまさんのマネージャーをずっとやっていた方で。すべての“さんまイズム”を叩き込まれたわけですよ。『さんまさんは寝ない、だからお前らも寝るな』とか『さんまさんはバイトしない、だからお前らもバイトはダメ』とか(笑)。

そのなかの1つに、『さんまさんは泣かない』というのがあって。『寝るな』も『バイトもダメ』も全然ピンときてなかったんですけど、『泣くな』だけは腑に落ちたというか……。

さんまさん曰く、『お笑い芸人は笑わせてなんぼやから、感動して泣いたり、泣かしたりするのは、芸人がやることではない』と。そういう教えを最初から叩き込まれたので、1回も泣いてないと思いますね。

古賀:そうなんですね……! 今回は街の方に「大人になって泣いたことある?」についてのエピソードを聞いてきたので、ご紹介しますね。

===

「前職の女上司がすごく怖くて。仕事中、怒られ続けていて……。泣いたときは、同期と連絡をとって『今日こんなことがあって泣いちゃった』『私も泣いちゃった』となぐさめ合っていました」(28歳・自営業・女性)

「この春、一人暮らしを始めました。実家を出るとき、同居していた祖母がすごく泣いて、別れを惜しんでくれたことに、ぐっときてしまって……」(23歳・会社員・男性)

「最近、ドラマ『大恋愛』の最終回を観て、感動して泣きました。20歳を越えてから涙腺がゆるくなってきてしまって。ドラマを観て泣くことが増えました」(22歳・男性)

===

大吉:ハタチで涙腺がゆるくなってきたら、40代になったらどうするんだ(笑)。

古賀:ダダ漏れですよ(笑)。大吉さんは、お仕事では泣かないってことですよね?

大吉:そうです。“人前で”っていうのは、そういうことです。ただ、居酒屋などで話をしながら泣いたような記憶はあるけどね(笑)。

でも、何かを観て泣くことはないですね。心が卑しい人間なのかしら(笑)。例えば、映像だと、そのVTRを作った人の顔が見えちゃうというか。いいシーンだなーと思っているところに、ゆったりとした音楽なんかをかけられたら“泣かしにきた!”と思って、急に冷めちゃう。

まぁ、お客さんが見ているところでは泣かないって決めているだけで、実は、裏では結構泣きますね。泣くというか、自然と涙が出てくる。40歳を越えるとね。

◆「ドラえもん」の主題歌を聴いて涙が…

大吉:この話を聞いて、“不思議な顔をする人”と“めっちゃわかる!”っていう人にわかれるポイントがあるんですけど……。僕、「ドラえもん」の今の主題歌(maoさんが歌う『夢をかなえてドラえもん』)を聴いてると、涙が“ツーっ”て出てくるの。古賀さん、どう思う?

古賀:あぁ……あまりわからない…(笑)。

大吉:話にならない(笑)。「ドラえもん」の主題歌は、泣かそうとしていないから、隙をつかれるの! なんで、あの歌に弱いんだろうと考えて。“二度と戻ってこない子どものころ”などを思い出すのかなぁーと思って。

古賀:大吉さん、おうちで「ドラえもん」観てるんですか?

大吉:時間があれば、たまには観ますよ(笑)。
あとは、恥ずかしいんですけど、うちの相方(博多華丸)が(福岡の演劇専用劇場)「博多座」で芝居をやっていまして。今年で3回目かな。でも、3回とも泣いたね。号泣はしないけど、これも「ドラえもん」と一緒。いつの間にか、涙が出てましたね。相方が頑張ってると思うと。

古賀:きっとそうなんでしょうね、華丸さんに関しては。

大吉:(公演中は)漫才ができなくなるので、僕は東京で、ゆったりとしたスケジュールになるの。ゲームをしたり、パソコンのデータを移し替えたり、そんなことをやって暮らしてる間も、“ああ、コイツ毎日こんなことをやってたのか……”と思うと、ちょっとジーンときたりとかします。

古賀:それ、自分がサボっていることに対しての罪悪感なんじゃないですか(笑)?

大吉:懺悔の涙です(笑)。

古賀:今までしてきた話が台無しじゃないですか(笑)。
“さんまさんが泣かない”という話に戻りますが、さんまさんはどうしても泣かない?

大吉:泣かないはずですよ、人前では泣いてないはず。

古賀:それは、(さんまさんの)イメージを大切にするために……ということだったりするんですかね。

大吉:さっきも言いましたけど、“芸人は笑わせてなんぼ”っていう、さんまさんのポリシーじゃないですかね。それを、少しでも真似させてもらおうと始めてみたところ、割りに泣かなくなりましたね。危ないときはありますけど。

古賀:でも、「ドラえもん」を聴いたら泣いちゃうんですよね(笑)?

大吉:そうですねぇ、今のところ(笑)。ドラえもんが一番ですね、僕はね。
じゃあ、大人が泣いてもいいときは「ドラえもん」でいいのかな? 今日の答えは。大丈夫かな(笑)。

<番組概要>
番組名:サッポロビール presents 博多大吉 愛のスコールアワー
放送日時:毎週木曜 21:30~21:55
パーソナリティ:博多大吉
アシスタント:古賀涼子(TOKYO FMアナウンサー)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hour/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ