『ヘタリア』がない人生なんて。ドイツに惚れて世界に飛び出したとあるオタクの半生

「おたスケ」。それはオタクのスケジュールであり、あなたのお助けとなるスケジュール。ハシビロコ流・オタクの休日スケジュール、教えます。

こんにちは!アニメ大好きライターのハシビロコです。本コラムではオタクライフを満喫したい方のお助けとなるような時間の過ごし方を、私・ハシビロコがお伝えしていきます。

みなさんには、人生を変えた作品はありますか?
私の場合、もし『ヘタリア』がなかったら……きっとこんなに彩りに満ちた時間は送っていなかったことでしょう。

今回はいつもとは少し趣旨を変え、『ヘタリア』とともに歩んだとあるオタクの半生を振り返ってみます。

 

 

【高校時代】出会いは突然に

 

(高校時代の政治経済のノート。わかる人にはらくがきの意味がわかるはず)

 

『ヘタリア』に出会ったのは、高校2年生の夏休み。友人に見せてもらった1本の動画がきっかけでした。

それは、当時Webで配信していた『ヘタリア』のアニメ。わちゃわちゃした空気感に、すっかりハマってしまいました。あとドイツがいい声すぎる。

帰宅してすぐに「キタユメ。」のマンガを読み漁ったものです。

おかげで国名が出てくる教科が大好きに。教科書の副読本として『ヘタリア』を読んでいたくらいです。

 

 

★ターニングポイント:『ヘタリア』で変わった進路

実は『ヘタリア』を知るまで、私の希望進路はアニメ・演劇関連でした。

しかし『ヘタリア』のドイツ、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリアに惚れたことで当然のように進路を変更。

作中にちょくちょく登場するヴルスト(※1)などのドイツ語にも興味を持ち「ドイツ語を勉強してドイツに行きたい!」と思うようになりました。

以前本コラムで紹介したように、『鋼の錬金術師』もドイツに興味を持つきっかけのひとつでしたが。(コラム第1回参照

 

(※1)ヴルスト
ドイツ語でソーセージを意味する言葉。綴りはWurst。『ヘタリア』にハマって以来、ハシビロコ宅では家族全員ソーセージをヴルストと呼ぶようになった。

 

 

【大学時代】開け、ドイツへの扉

 

ドイツ関連の学科がある東京都内の大学に進学した私は、夢中でドイツ語を勉強しました。入学前にキャラソンで数字を覚えておいた甲斐があった。(※2)

そして大学2年の夏休み、短期語学研修で念願のドイツ初上陸!

 

(左がドイツ語版、右が日本語版の単行本。ドイツがドイツ語を話していると違和感がなさすぎる)

スーパーにこれでもかと並んだヴルスト、お土産屋で見かけた鳩時計、本屋に並んだ『ヘタリア』のドイツ語版など、ありとあらゆるものに心が踊りました。

 

 

(※2)ドイツのキャラソン
こちらの動画の00:35あたりから、ドイツのキャラクターソング『ゲルマン賛歌~俺はドイツ製~』の視聴ができます。

 

★ターニングポイント:『ヘタリア』をめぐる旅

 

(旅行で訪れたスイスの風景)

 

語学研修後は1人でドイツ南部、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリアをめぐりました。

 

(リヒテンシュタインの首都にある観光案内所)
(オーストリアの小さな田舎街)

 

作中のエピソードをひとつひとつ確認するように国を訪れ、知識を経験に変えていく旅。それは今まで味わったことがない達成感と充実感に満ちあふれていました。

ドイツたちと同じ言語でコミュニケーションがとれる幸せ……!

 

★ターニングポイント:『ヘタリア』でつながる世界

 

(留学していたドイツの大学)

 

その後は長期留学で1年間ドイツに滞在。当時は「少年ジャンプ+」で『ヘタリア』が連載されていたため、ドイツ人を観察しながらマンガを読んでいました。

作中のネタの真偽をすぐに確認できる環境、プライスレス。

 

 

【現在】『ヘタリア』がない人生なんて

 

社会人になってからも、ニュースで国名を聞けばキャラクターに変換されますし、海外旅行では作中のネタを思い出してクスッとします。

もし『ヘタリア』に出会っていなかったら、世界に1人で飛び出していくことも、こうしてコラムを書いていることもなかったでしょう。

この作品は私にとって、戦友のような存在なのです。

それにしても「キタユメ。」存続してくれて本当によかった……!

 

 

 


『ヘタリア』作者公式サイト
https://kitayumeblog.wordpress.com/

アニメ『ヘタリア The World Twinkle』 公式サイト
http://hetalia.com/twt/


 

WRITER

  • ハシ ビロコ
  •        

  • アニメとドイツ語とハシビロコウを愛するフリーライター。アニメ好きの両親のもとに生まれたオタク2世で、幼少期はCCさくらとガンダムSEEDを見て育った。趣味でハシビロコウブログを運営中。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ