連続殺人鬼チャールズ・マンソンが登場 クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編

SPICE

2019/5/22 18:20


8月30日(金)公開の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』から予告編が解禁された。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、クエンティン・タランティーノ監督の長編第9作にあたる映画。2015年の『ヘイトフル・エイト』から4 年ぶりとなる監督作だ。『ジャンゴ 繋がれざる者』のレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』のブラッド・ピットら同監督の過去作に出演した二人が共演している。タランティーノ監督が製作を兼任し、5年の歳月を費やした脚本で1969年のハリウッド黄金時代最後の瞬間を描く。
クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

今回解禁された予告は、ハリウッドで再び栄光を取り戻そうとする俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、長年彼のスタントダブルを務めるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が、アル・パチーノ扮するいかにも映画界の大物風のシュワルツにバーで会うシーンからスタート。リックが映画撮影中の失敗に毒づく様子など、映画界での生き残りを賭け苦戦する様子が収められているほか、スタントダブルとして彼を励ますクリフの姿も収められている。また、マーゴット・ロビー演じる女優シャロン・テートも登場。そして、史実ではシャロン・テートを惨殺した殺人鬼チャールズ・マンソン(デイモン・ヘリマン)が姿を現す不穏な場面も描かれている。劇中では「チャーリー」と親しげに呼ばれたマンソンは、リックとクリフの物語にどう絡んでくるのか。


また、3月に急逝したルーク・ペリーさん(『ビバリーヒルズ高校白書』など)や、ブルース・ダーン、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセルなど、タランティーノ作品ではおなじみの面々も登場。マイク・モー(『ストリートファイター 暗殺拳』など)が演じるブルース・リーがアクションを披露する場面も収められている。

そのほか同作には、『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、Netflixオリジナルドラマ『サンタクラリータ・ダイエット』のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』のダミアン・ルイスなどが出演している。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』8月30日(金)全国ロードショー。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ