星野源、高橋一生が気合の表情をみせる「引っ越し大名!」メインビジュアル公開

dwango.jp news

2019/5/22 07:00


『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。この度、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化される「引っ越し大名!」が8月30日(金)に全国公開する。

本日、本作のメインビジュアルが背景色の異なる3パターンで解禁された。


「引っ越しは戦でござる!」のキャッチコピーの通り、まるで戦に臨むかのような気合に満ちた表情を浮かべる星野源高橋一生、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊ら姫路藩士たちが引っ張るのはなんと、綱のついた城!まさに人数10,000人、移動距離600Km、予算なし(⁉)という”重すぎる”城ごと引っ越しプロジェクトに一致団結して挑む彼らの様子を、コミカルに表現したビジュアルとなっている。

そんな藩士たちに笑顔で声援を送る於蘭を演じる高畑充希、「引っ越し大名」こと松平直矩を演じる及川光博の表情にも注目だ。

さらに映画『引っ越し大名!』公式Twitterアカウントでは、本日12:00から、今回解禁された赤、ピンク、白の背景色違いである3パターンのビジュアルの人気投票を行い、見事1位になったものを映画のポスターとして採用する投票企画をスタートする。情熱的な赤か、可愛らしい雰囲気のピンクか、シンプルな白か、ぜひお気に入りのビジュアルに投票してみてはいかがだろうか。

<『引っ越し大名!』 作品概要>

本作のテーマは“引っ越し”!(国替え)。すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題です。そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公を含む姫路藩の藩士たちが、あらん限りの知恵と工夫で引っ越しを乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語。

周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きで書庫番として引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介を演じるのは星野源。春之介の幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門には高橋一生、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を高畑充希が演じます。他共演者にも、及川光博、濱田岳、小澤征悦、西村雅彦、松重豊という、まさに日本を代表する俳優が集結!気弱で引きこもり侍と言われていた春之介が仲間とともに知恵と工夫で城ごと引っ越しプロジェクトに挑む。

ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ