椎名林檎、ニューアルバムの音像を可視化した「鶏と蛇と豚」MV公開

Billboard JAPAN

2019/5/22 04:00



椎名林檎が、5年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『三毒史』から「鶏と蛇と豚」のMVを椎名林檎オフィシャルYouTubeチャンネルにて公開した(https://youtu.be/u77yCRwSCXg)。

「鶏と蛇と豚」は、新作アルバム『三毒史』の舞台設定を紹介するべく書き下ろされたオープニングトラック。アルバムタイトルに用いた三毒とは、仏教において克服すべきとされる煩悩を意味する、“むさぼり”、“いかり”、“おろかさ”。本作中では、AYA SATOが三種の獣と化し、ひとりですべての三毒を表現している。

この新作MVを手掛けるのは、近年の椎名林檎のMV制作に無くてはならない児玉裕一監督。監督から本作についてコメントが届いている。

◎児玉裕一監督コメント
ふたりの虚無僧が東京タワーで女と出会った夜。
女が行き場のない気持ちを抱きながら六本木を歩いた夜。
ある男女が銀座で待ち合わせた夜。
男が不思議なトンネルに迷い込んだ夜。
そんな夜の、ほんのちょっと前に東京で起こった出来事を映像にしました。
マジ卍

◎リリース情報
アルバム『三毒史』
2019/5/27 RELEASE
<初回限定生産盤>
UPCH-29327 3,600円(tax out)
<通常盤>
UPCH-20513 3,000円(tax out)
≪収録曲タイトル / アーティストクレジット≫
1. 鶏と蛇と豚  
2. 獣ゆく細道(椎名林檎と宮本浩次)
3. マ・シェリ  
4. 駆け落ち者(椎名林檎と櫻井敦司)
5. どん底まで
6. 神様、仏様(椎名林檎と向井秀徳)
7. TOKYO
8. 長く短い祭(椎名林檎と浮雲)
9. 至上の人生
10. 急がば回れ(椎名林檎とヒイズミマサユ機)
11. ジユーダム
12. 目抜き通り(椎名林檎とトータス松本)
13. あの世の門

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ