中村倫也と木下晴香が名曲「ホール・ニュー・ワールド」を歌い上げる 実写映画『アラジン』プレミアム吹替版MVを公開

SPICE

2019/5/21 19:00


6月7日(金)公開の映画『アラジン』から、“プレミアム吹替版”キャストの中村倫也と木下晴香が歌う「ホール・ニュー・ワールド」のミュージックビデオが解禁された。

『アラジン』は、ディズニーの同名アニメーションを実写化した作品。1992年に公開されたアニメ版では、砂漠の王国アグラバーに暮らす青年アラジンと、王宮を抜け出したジャスミン王女の恋と冒険が描かれた。実写版でアラジンを演じるのは、海外ドラマ『NIKITA /ニキータ』で俳優としてデビューしたメナ・マスード。王女ジャスミン役を『パワーレンジャー』のナオミ・スコットが演じる。さらに、ランプの魔人ジーニー役でウィル・スミスが登場。メガホンを『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督がとっている。日本語吹替え版は、声優陣がセリフだけでなく歌も担当する「プレミアム吹替版」として公開。アラジンを中村倫也、ジャスミンを木下晴香、ジーニーを山寺宏一、邪悪な大臣ジャファーを北村一輝が演じている。


解禁されたのは、劇中の“魔法のカーペット”のシーンを彩る名曲「ホール・ニュー・ワールド」のプレミアム吹替版MV。自分の居場所を探すアラジンが、王宮の外の世界に憧れる王女ジャスミンと初めて心を通わし、魔法のじゅうたんに乗って夜空をかける場面だ。アラジン役の俳優・中村倫也と王女ジャスミン役の木下晴香が、二人の心の距離がぐっと近づき見つめ合う様子を歌い上げている。

同曲は、数々のディズニー音楽を手掛けてきた作曲家アラン・メンケン氏が作曲。第65回アカデミー賞・最優秀歌唱曲賞と第50回ゴールデングローブ賞・最優秀主題歌賞に輝いた楽曲だ。

『アラジン』は6月7日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ