韓国K-POPアイドル不祥事をめぐるワイドショーのヘイトとご都合主義! ユチョン叩きの一方で元東方神起のプロフィルに触れず

リテラ

2019/5/21 15:45


 V.I(元BIGBANG)による売春斡旋疑惑、パク・ユチョン(元JYJ、元東方神起)の覚せい剤使用疑惑など、K-POPアイドルをめぐるスキャンダル報道が日本のワイドショーでも連日報道されている。

ユチョンの問題は元婚約者である財閥孫娘と警察権力との癒着、またV.Iについても彼が理事を務めるクラブ「バーニング・サン」で起きた暴行事件などに関する捜査の揉み消しや、警察署署長クラスの人物との癒着が疑われるなど、単なる芸能界のいちスキャンダルではなく、韓国の社会構造そのものが問われる問題ではある。

それにしても、この報道量は過剰だろう。一体なぜ日本のワイドショーが、韓国の芸能界のスキャンダルをこんなに毎日報道しているのか?

「いま韓国アイドルは日本でも人気が高いから」と言うかもしれない。たしかに、現在日本ではK-POPアイドルが欧米や日本のアイドルをしのぐほどの絶大の人気を誇っているのは事実だ。しかし、それはテレビの外の話だ。本サイトでも報じたことがあるように、ネトウヨからの炎上攻撃を恐れたテレビ局は地上波の音楽番組やバラエティから多くのK-POPアイドルを排除している。

にもかかわらず、不祥事となったら連日、大量に報道し続ける。これはあまりにもバランスがおかしいだろう。

しかし、テレビから排除する一方、不祥事だけは嬉々として報じるというのは、実は表裏一体のものだ。それは報道ぶりを見ればよくわかる。

たとえば、5月14日放送『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)。V.Iの拘束前被疑者尋問を伝えたニュースのなかでMC陣はこのように発言していたのだ。

高橋克実「組織的なものに対して、警察が揉み消すというかね、そういうものっていうのは、日本でも昔の物語なんかでは見たことがありますけども、映画とかでね、ありますけれども、そういうのがここでまだあるのかっていうね」
安藤優子「本当に遠い昔ね、反社会的勢力と警察が手をとって癒着関係にありながら地域のバランスをとるみたいなことは過去に日本でもあったことですけれども、それがいま韓国で起こっているとしたらば、もうビックリ!って感じですよね」

5月2日放送『バイキング』(フジテレビ)では、今回の騒動があったとしても一部の特権階級と警察の癒着構造が変わるのは難しいのではないかという金慶珠氏の見立てを聞いたMCの坂上忍が笑いながら「ちょっと待ってよ~。変えてよ~。なんとか」「なんかこれきっかけにね、仲の良い隣国としてちょっといい方向にいい方向に行ってくれればなと思ってたんですけど、金さんけっこう冷めてるからちょっと困っちゃうんだよな」と発言。

「先進国気取り」の「上から目線」だが、日本でも、安倍首相の御用ジャーナリスト・山口敬之氏が準強姦容疑で逮捕状が出ていたにも関わらず、直前でストップがかかったという“逮捕もみ消し”疑惑が起きたのはつい数年前。いまだ解明されていないのだが……。

『グッディ』『バイキング』に限らず、『とくダネ!』(フジテレビ)や『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)などのワイドショーでも、韓国芸能界の闇、財閥と公権力の癒着などについて「こんなことするんですか、韓国は!?」「韓国はこれが普通ですか!?」「日本では普通は考えられないですね」などと蔑視目線まるだしで声高に騒いでいる。

でも、ほとんど日本社会や、日本の芸能界にもある問題なんですけど……。

●ユチョン報道でテレビが元東方神起、ジェジュンとの関係に一切触れない理由

ようするに、K-POPアイドルをめぐるスキャンダル報道は、セウォル号事故、朴槿恵前大統領の汚職、財閥スキャンダル同様、ここ数年ワイドショーの定番ネタとなっているヘイトまがいの韓国バッシングネタのひとつなのだ。

ただ韓国を見下せればいいだけで、公権力とエスタブリッシュメント層の癒着や芸能界の構造的問題などを真剣に考える気など一切ない。

象徴的なのが、JYJのユチョンにかんするご都合主義的な報道だ。ワイドショーはこれだけ熱心にユチョンの事件を扱い、韓国の芸能界にかんするバッシング報道を繰り広げながら、ユチョンのある重要なプロフィルについては触れていないのだ。

それは、ユチョンがNHK紅白歌合戦にも出場したこともある「東方神起」の元メンバーであり、現在、所属するJYJのメンバーには、いま日本のテレビでも引っ張りダコのジェジェンがいるという事実だ。

周知のとおり、東方神起はもともと韓国の最大手事務所SMエンターテインメントに所属する5人組のK-POPグループだったが、2009年ごろからユチョン、ジェジュン、ジュンスの3人が契約内容が不当であるとして事務所と対立。裁判闘争も経て、ユチョンら3人はSMエンターテインメントを退所しJYJとして活動開始、残った2人が東方神起として活動するようになる。

日本では東方神起は分裂前も分裂後もレコード会社のエイベックスに所属しており、芸能界やテレビ局に絶大な影響力を誇るバーニングプロダクションが後ろ盾としてついていた。

一方、JYJは韓国最大手の事務所を脱退したため、当初、日本でも完全に干されていたが、メンバーのうちジェジュンだけは、最近、バーニング系のケイダッシュがサポートするようになったため、完全復活。ジェジュン単独でのバラエティ出演がある時点から一気に増えたのにはそういう背景がある。

つまり日本のワイドショーは、バーニングやエイベックスへの配慮から、ユチョンが東方神起メンバーだった過去に触れず、ケイダッシュへの配慮から、現在、ユチュンの所属するJYJにジェジュンも所属していることを一切取り上げないのだ。ピエール瀧のコカイン事件報道で電気グルーヴのメンバーである石野卓球を叩いたのとは、対照的と言っていいだろう。

●韓国は「JYJ法」をつくったが、日本のテレビは大手芸能プロのいいなり

いずれにしても、こうしたご都合主義を見れば、一連の韓国アイドル不祥事報道が韓国社会や芸能界の腐敗構造に踏み込もうとするものでなく、たんに韓国を見下したいという劣情のはけ口でしかないのがよくわかる。

たしかに、韓国社会にはさまざまな問題点があるが、日本より先進的な部分も多々ある。たとえば、韓国では通称「JYJ法」と呼ばれる法律がある。これは、東方神起から抜け、大手のSMエンターテインメントからも離れたJYJ の3人が音楽番組に出演できない状況が続いたことがきっかけでなされた法律改正のことだ。これにより、第三者が放送局に圧力をかけて出演を妨害することが明確に禁止されたのだ。

ところが、ワイドショーは韓国の芸能界を追及する報道でこうしたことは一切触れようとしない。それどころか、日本のテレビでは、相変わらず、大手芸能プロの圧力や忖度で、独立した芸能人が出演できない状況が続いている。そして、報道の内容や方向性までが大手芸能プロの意向に沿った形で歪められているのだ。

日本のメディアは韓国のことをコケにする前に、「自分たちの後進性」について考え直したほうがいいのではないか。
(編集部)

当記事はリテラの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ