店員が誤って「63万円のワイン」を出してしまった… 店の神対応に称賛続出

しらべぇ

2019/5/21 07:30

(1018141890/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
飲食店での注文ミスはクレームにつながりかねない。日本でも、「悪質クレーマー」としてツイッターなどで紹介されているのを目にしたことがあるだろう。

だが同じ注文ミスが起きても、称賛されている店がネット上で話題となっている。

■客はオイシイ思いを…


舞台はヨーロッパのレストラン。客が注文したのは、日本円で約37,000円相当の赤ワインのボトル。それでも相当なお値段だが、店員は誤って約63万円の高級ワインを出してしまった。

注文のものよりおよそ17倍の高額なワインということになる。客からすれば「値段の割にはかなりウマイ」とオイシイ思いをしたことになり、店からすれば大損失となったに違いない。

■「間違いは誰にでも起きうるものさ」
店はその後ツイッターで、以下のように反応した。

「昨夜、2001年製で4,500ユーロのル・パン ポムロールを誤って飲んだお客さま、よい夜をお過ごしになったことでしょう。間違えて渡してしまった店員よ、元気出して。誰にでも間違いは起きるものさ。とにかく店はあなたのことを気に入ってるよ」




続けて、「そっくりだから仕方ないよね?」と2つのワインを並べた写真をツイートし、店員をフォローした。



■神対応ぶりを評価する声


一連の店側の対応はまさに「神対応」と言えよう。ネット上でも、店の対応を絶賛する声が相次いだ。

「やさしい」

「素晴らしい職場やんね」

「あったけぇなぁ…」

「うっかりミスが『嬉しい』事に 元気出る話ですぅ」

■間違いをする人は…


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,357名に「聞き間違い」について調査したところ、「よくする」「まあまあする」「たまにする」と聞き間違いをしがちな人は6割以上にも及んだ。

今回の店員は聞き間違えではなく、見間違えだったのだろうが、間違いは誰にでも起きうるものと言えそうだ。



間違いをしても、ミスした人を責めない姿勢は日本も見習っていきたいところだ。

・合わせて読みたい→もう二度とくるか!客が激怒「飲食店でのクーポントラブル」3選

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ