ヘンリー王子&メーガン妃、結婚1周年を迎え挙式の未公開画像を一挙公開<動画あり>

昨年5月19日、およそ10万人の観衆が見守るなかウィンザーにて盛大なロイヤルウェディングを行ったヘンリー王子&メーガン妃が、結婚1周年を迎えた。公式Instagramには未公開画像を収めた短い動画がアップされ、すでに570万回を超える再生回数を記録している。

英王室ヘンリー王子が離婚歴のある元女優メーガン・マークルさんと結婚したのは、昨年5月19日のことだった。米国出身でバイレイシャル、自らフェミニストであることを公言していたメーガン妃は、古い習慣や伝統にとらわれがちな英王室に“新風”を吹き込む存在として注目を集め、夫妻のロイヤルウェディングもそんな妃のカラーが色濃く出た“異例づくし”のセレモニーとなった。

あれからちょうど1年が経過した今月19日、ヘンリー王子とメーガン妃は夫妻の公式Instagramにウェディングの未公開画像をまとめた短い動画をアップし、

「世界中から届く皆様からのたくさんの愛とサポートに感謝いたします。皆様お一人お一人が、私たちのこの日を特別なものにしてくださいました」

と感謝のメッセージを綴った。

公開された写真はスライドショー形式になっており、全14枚のうち11枚はモノクロの写真だ。そこにはメーガン妃と母ドリアさんが手を取り合う姿や、ヘンリー王子とメーガン妃が結婚登記書に署名をする姿などが写っている。

1年前の盛大なウェディングを振り返り、人々からは

「結婚1周年おめでとう!」

「素敵な未公開写真をシェアしてくれてありがとう」

といったコメントが多数書き込まれている。現在この動画の再生回数は570万回を上回り、コメントも2万7000件を超えるなど大きな反響を呼んでいる。

夫妻のウェディングは、アフリカ系米国人主教やゴスペルミュージック、またバージンロードを途中まで一人で歩くメーガン妃の姿が“異例づくし”と話題を集めたが、メーガン妃は現在もそのファッションセンスやハリウッドセレブとの派手な交友関係、そして伝統にとらわれない出産スタイルなどが“型破り”と引き続き注目を集めている。

また“サセックス公爵夫妻”となって最初の1年間は、海外公式訪問を含む多数の公務をこなすかたわらウィンザーへの引越しや兄夫妻とは別オフィスの設立、夫妻公式Instagramアカウントの開設、そして今月6日には待望の第1子アーチー・ハリソンくんが誕生するなど、夫妻を取り巻く環境にも様々な変化があった。

まるでロックスターのような絶大な影響力を持つヘンリー王子とメーガン妃夫妻、「開かれた王室」を象徴する存在として注目される夫妻の今後の活躍と末長い幸せを願いたい。



画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年5月19日付Instagram「Happy one year anniversary to Their Royal Highnesses, The Duke and Duchess of Sussex!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ