『イッテQ』ロッチ中岡の悲惨な近況に騒然 「かわいそう」「胸が痛い…」

しらべぇ

2019/5/18 16:00

(画像は中岡創一公式Instagramのスクリーンショット)
12日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、ロッチ・中岡創一が、「レギュラー番組が0本」になってしまったことを告白。

いつにない悲しげな中岡の様子に、視聴者から同情の声が寄せられている。

■レギュラー番組0本に


VTRの冒頭で、中岡は「唯一の新潟でやってたレギュラー番組が終わります」と、3月いっぱいで当該番組が終了することにより、レギュラー番組が0本になってしまうことを明かした。

「イッテQに出ている人たちはみんな活躍されているが、僕だけレギュラーが減っていってる…」と中岡。

かつては4本のレギュラーを抱えていたそうだが、「徐々に1本ずつ減っていって、とうとうゼロになっちゃった」という。

■「NGT騒動の影響では…」と騒然


「3月で終わる新潟の番組」というキーワードに、ツイター上では多くの視聴者が反応。









■3月で終了したNGT48 の冠番組


インターネット上で話題になった番組とは、「NGT48」の冠番組だった『NGT48のにいがったフレンド!』。ロッチの2人が、メンバーたちと様々な町を訪れ、その魅力を知っていくというローカル番組だ。

山口真帆の暴行被害が明るみになり、運営側の不透明な対応や、山口と対立するメンバーのSNSが連日炎上する中、同番組は今年3月いっぱいで番組終了となっていた。

メンバーの個性を引き出すロッチの2人はファンからも親しまれており、『イッテQ!』での報告を受けて、ファンからは「今までありがとう」と中岡を労う声も多数見られた。

■努力ではどうにもならないことも…


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,537名を対象に調査を実施したところ、全体で約6割の人が「努力ではどうにもならないことのほうが多いと思う」と回答した。



レギュラーを務めていた番組が終了してしまうことは、出演者1人の力ではどうにもならない部分も。多くの人が、中岡のように「努力ではどうにもならないこと」に直面した経験があるようだ。

レギュラー番組がなくなってしまったものの、CMが決まったという中岡。彼の今後の更なる活躍を期待したい。

・合わせて読みたい→『イッテQ』ロッチ中岡への酷すぎる失態に騒然 「笑えない」「子供が泣いた…」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ