脱インスタント!KINTOの手軽なドリッパーのおかげで、私もやっと朝から本格コーヒー派さ|マイ定番スタイル

roomie

2019/5/17 23:00

おしゃれなコーヒーメーカーや、ドリッパー憧れるけど、そもそも手間がかかると、めんどくさいしな~。

「朝は時間もないし、インスタントでいいや~」

でも本当は、簡単に、朝からおいしいコーヒーが飲みたい……! と思っていたんです。

この度は、そんな私が出会った、ある「ドリッパー」を紹介します。

おいしい一杯をサッと淹れられるKINT



洗練されたデザインのラインナップが豊富な「KINTO」ですが、とっても気軽に使えるドリッパーがあるのです。

[caption id="attachment_521791" align="alignnone" width="1200"] KINTO コーヒードリッパー COLUMN ブラウン amzonにて1,296円(税込)[/caption]

その名は『COLUMN(コラム)』

1杯分のコーヒーを入れられるコンパクトなデザインなのです。

シュッとした見た目がGOOD



受け皿、ドリッパー、軽量スプーンが重なって収納されており、インテリアの邪魔にならないデザイン



収納スペースも取らないですよ。

KINTO (キントー) コーヒードリッパー COLUMN ホワイト 22848

関連賞品:KINTO (キントー) コーヒードリッパー COLUMN ホワイト 22848

¥1,296 Amazonで見てみる

ステンレスメッシュでペーパーいらず!



ステンレスメッシュのドリッパーなので、ペーパーが不要!

準備はひとつでも少ないほうがいいですから、これは嬉しい。

また、ステンレスメッシュの素材は、油脂や旨みをしっかり抽出してくれる効果があるそうです。

家庭で簡単に、本格的な味が味わえるのです。

カップにそのままセットするだけ



カップにこんな風にセットするだけで抽出できるので、忙しい朝の時間にも、簡単に1人分のコーヒーを淹れることができるんです。

毎朝のことなので、この手軽さは嬉しいよ~!

今どのくらい?が一目でわかる!



インスタントのコーヒーでありがちなのが、「コーヒーが、今どのくらい入っているかが分からない」。

コラムは、ドリッパーのサイドにのぞき穴があるため、どれくらい入っているかを確認しながら、淹れることができますよ~!

1杯が入ったら、ドリッパーは受け皿へ



コーヒーを入れたら、ドリッパーはセットになっている受け皿に置けます!

テーブルの上をスッキリさせたまま、使うことができるんです。

清潔感を保てる!



プラスチック素材なため、バシャバシャとしっかり洗え、清潔に保てます

シンプルな構造になっているので、洗いにくさなどもなく、メンテナンスが楽チン!

残念なところ:複数の来客には不向き



1つで2人分くらいは、なんとか対応できそうですが、複数人のコーヒーを入れないといけないような場面には不向きですね……!

アウトドアのお供にも!



プラスチック製で軽くコンパクト!

持ち歩きの負担にもならないので、アウトドアにも最適です。



山の頂上やキャンプでコーヒーを飲むときに使うなども、オススメですよ!

ぜひ忙しい朝やアウトドア先でも、コラムで、気軽に本格的なコーヒーを味わってみてくださーい!

KINTO (キントー) コーヒードリッパー COLUMN ホワイト 22848

関連賞品:KINTO (キントー) コーヒードリッパー COLUMN ホワイト 22848

¥1,296 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/512318/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/04/514462/"]

当記事はroomieの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ