上原多香子、母の日ツイート大炎上で露呈した「忘却力の高さ」と「夫・コウカズヤ氏の弱さ」


羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「どんどん叩いてくれて結構です」コウカズヤ
(コウカズヤTwitter、5月14日)

人間はそう簡単に変われないし、悪癖ほど繰り返すのではないだろうか。

例えば、2017年に一般人男性との不倫を「週刊文春」(文藝春秋)に撮られた女優・斉藤由貴。彼女は既婚者となって急によろめいたわけでなく、独身時代に尾崎豊さん、川崎麻世、渡辺謙とも不倫していた“実績”がある。

タレント・山本モナは、独身時代、既婚男性である衆議院議員・細野豪志氏との旅行&路チューを「フライデー」(講談社)と「フラッシュ」(光文社)にスクープされ、『筑紫哲也のNEWS23』(TBS系)を降板するはめになる。『サキヨミLIVE』(フジテレビ系)で復帰を果たしたが、今度は既婚のプロ野球選手(当時)・二岡智宏とラブホテルに入る姿を「女性セブン」(小学館)に撮られ、再度降板に追い込まれた。

悪癖を繰り返す人を、「自制心が効かない」と見る人は多いだろう。が、私に言わせると、こういう人は「辛抱できない」のではなく、尋常ではなく忘却力が高い(故にバッシングされた痛みも忘れてしまう)か、「自分はバレないと思っている」という変な自信のようなものがあるのではないか。

モナは二度の不倫騒動の後に結婚し、一時は芸能界を引退したが、個人事務所を立ち上げ、芸能界に復帰している。現在は、第3子を妊娠中だが、子どもを持つ母親となり、家庭円満の大事さを知った今なら、自分がしてきた不倫という行為が、不倫相手の妻たちをどれほど傷つけたかわかるはず。にもかかわらず、モナは知人のブログで妊婦アピールをしており、この行為が、不倫相手の妻たちに「なぜ人の家庭をめちゃくちゃにするようなことをしておいて、幸せそうにしているんだ」と受け取られかねないことに気づいていない。モナの中で二度の不倫は、もう「なかったこと」になっているのではないだろうか。

それでは、上原多香子はどうだろう。

前夫・TENNさんが自殺し、“悲劇の妻”だった上原だが、三回忌が過ぎた頃、TENNさんのご遺族が「女性セブン」で遺書を公開。そこにはTENNさんが子どもを望めない体質であったこと、また上原がある俳優と不倫していたことが記されていた。また同誌では、上原が俳優と「2人の子供作ろうね」などとやりとりしており、TENNさんがそのことを知っていたとも伝えられたのだ。

悲劇の妻から、「夫を死に追いやった妻」へ――。大バッシングを受けた上原は、芸能活動休止に追い込まれる。不倫相手とは切れたようで、演出家のコウカズヤ氏と結婚、念願の出産を果たした。

このまま静かに暮らしていればいいものの、上原は母の日に、鍵のかかったTwitterアカウントで、「母の日。母と呼ばれた日。感謝」とツイートしている。どこからか、このツイートが漏れて、再び炎上した。

このツイートを見て、やはり上原は「忘れちゃった」と言わざるを得ない。母となった喜びを素直にツイートしたのだろうし、それが悪いと言うつもりはないが、母親だからこそ、息子に先立たれたTENNさんの母に対して、何か思うところはないのか。上原はTENNさんと前回の結婚にまつわる一切を忘却の彼方におしやってしまったのではないだろうか。また、Twitterには、「いいね!」の数を稼ぐ性質があることから考えると、あえて人を不愉快にさせる内容を投稿する人は稀だろう。となると、上原は自分という存在や、自分のツイートに不快感を示す人がいる可能性にも気づいていないようだ。

上原はTENNさんに自殺を強要したわけでも、ほう助したわけでもないので、法的な責任は問われないだろう。しかし、そこに至る要因の一つを作ったという意味で、道義的には、行動にある程度制限がかかるのは仕方がないことではないか。しかし、それは上原のような忘却力が高すぎる人には、最も理解しがたいことのように思うのだ。

以前「誰がなんと言おうと、僕は妻と生まれてくる子どもを守りたい」とツイートしていた現在の夫・コウ氏は、今回の炎上から妻を守るために立ち上がり、「どんどん叩いてくれて結構です」とネット上のアンチに宣戦布告した。しかし、結果的にコウ氏の「弱さ」だけが露呈されたように、私は感じた。

「鍵アカウントにして、特定の人にしか見れないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。実に鬱陶しい」と憤ったコウ氏。「匿名の方のコメントには、屁でしか返しませんので」とした上で、上原を責めるリプライに対しては、文尾に全て「プー」をつけている。恐らく、これが「屁で返す」ということだろう。なんというか、いい年して何やってんだという感想に加えて、この人の小心さと、うかつさがよく表れているように感じる。

「自殺するような子どもになったら、親の責任」とツイートした後に、「もしも僕自身の子どもが自殺をしたら、僕は親である自分自身の責任だと思うということ」と釈明し、最終的には「今後は何を言われても、貝にならせてもらいます」と締めくくって、上原に関するツイートを全て削除した。

一人で騒いでおき、世のお子さんに自殺された親御さんを冒涜するとも取れる発言をする。上原もだが、自身のイメージも著しく下がったのではないだろうか。

ネットでしつこくコウ氏に絡んでいた人たちは、単に誰かを攻撃したいだけで、本当に夫妻を恨んでいるとは思わないが、用心するに越したことはないだろう。「フラッシュ」によると、不倫騒動の余波を受けて、上原は月200万円あった収入はほぼゼロ、夫妻はオートロックがない2LDKのマンションに住んでいるという。本当に妻子を守りたいなら、Twitterなんてしていないで、セキュリティーのしっかりしたマンションに住むことを目標に、仕事に励んだらどうか。

上原は独身時代から恋多きオンナとして知られ、DA PUMPのISSAや赤西仁など、イケメンと浮名を流している。また、所属事務所も大手で力があり、SPEED時代の貢献が認められたからか、多額の給料をもらっていた。そんな恵まれてきた上原が今の生活、そしてコウ氏で満足できるのか、はなはだ疑問である。

「母親になれたことをこんなに喜んでいるのだから、それはない」と思う人もいるかもしれない。しかし、上原の超忘却力を甘く見てはならない。自分の言ったことなど、とっくに忘れてしまって「私、そんなこと言った?」と言えるのが、このテのタイプだと思うからだ。

ある日突然、コウ氏のもとから上原と子どもが消えて、違うオトコと暮らし始めた――。そんな出来事があったとしても、私はまったく驚かない。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ