中川翔子 結婚、出産を通り越して早くも“孫作り”宣言

 氷上のミュージカル「ディズニー・オン・アイス」大阪公演(大阪城ホール、7月20~28日、全23公演)のスペシャルサポーターを務める中川翔子(34)が17日、大阪市内で合同取材会に臨んだ。

 今年のテーマは「LIVE YOUR DREAMS」。11年にディズニー・アニメ映画「塔の上のラプンツェル」の日本語吹き替え版で、主役・ラプンツェルの声を担当した中川。「プリンセスたちが夢に立ち向かう物語。大阪城ホールは広くて、臨場感があって、氷の音も聞こえてライブ感覚で楽しめます」とPRした。

 自身は7日にツイッターで、映画館で体験した理不尽な出来事を報告。映画鑑賞中に前の席の人から突然「足やめろ。揺れてんだよ」と、ジュースをかけられる騒動に巻き込まれたことを明かした。「生きている中でうれしいことや楽しいことばかりではなく、こんな運の悪い日もあるんだと思った時、心にラプンツェルを思い浮かべたら、夢をかなえるために長生きしなきゃなあと思ったり、本当にラプンツェルには助けられています。何かあってもこの仕事をしていると泣き寝入りしなきゃいけないこともあるけど、なるべく平和な世界であってほしいなあと思います」と話した。

 現在の夢は「いつかは孫を連れて“ディズニー・オン・アイス”を観に行きたい。ラプンツェルの子供用の衣装はすでに買ってあります」。結婚、出産を通り越して早くも“孫作り”宣言。「なんかいろいろ素っ飛ばしてますね。本当にどうしたらいいんでしょうね」と笑いに変えた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ