関東・甲信越の避暑地25選。夏でも涼しい!高原や滝など、絶景×涼スポットで快適に

じゃらんnews

2019/5/17 16:30


絶景×涼スポット

関東・甲信越の避暑地・涼スポットをまとめてご紹介!

関東・甲信越エリアにも、高原や渓谷、滝や湖、鍾乳洞など、夏の暑さをしのげる場所がたくさんあるんです!
東京からも行きやすく、夏の日帰りドライブや一泊旅行にもおすすめ。

たまには都会の喧騒から逃れて、自然の中で涼む、快適な夏のおでかけを楽しんでみませんか?

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

<目次>
■関東の避暑地
■甲信越の避暑地


■関東の避暑地
那須高原 【栃木県】
那須高原出典:じゃらん 観光ガイド 那須高原
那須連山の東山麓に広がる高原。温泉旅館、美術館、ゴルフ場、テニスコ-ト、乗馬など総合的なレジャ-基地。

\口コミ ピックアップ/
夏は涼しくて自然いっぱいで癒されます。
牧場や動物園やアウトレットなどの観光スポットも充実しています。
何度行っても楽しめます。
(行った時期:2017年8月)

ドライブしてきましたが、本当に空と緑がきれいでお店もかわいらしいお店がたくさんありました。季節の花が所々に咲いているので車に乗ってドライブだけでも本当に気持ちがいいです
(行った時期:2017年8月)
那須高原
住所/栃木県那須郡那須町大字湯本
「那須高原」の詳細はこちら
戦場ヶ原 【栃木県】
戦場ヶ原出典:じゃらん 観光ガイド 戦場ヶ原
湯川が男体山の噴火で堰き止められた堰止湖であったのが、堆積によって湿原化したもの。名前の由来は「戦場ヶ原神戦譚」による。アカギの神(赤城山)とニッコウの神(男体山)がそれぞれ大ムカデ(赤城山)と大蛇(男体山)に化けて戦った場であるという伝説に基づくもの。なお、この伝説で勝ったのはニッコウの神(男体山)である。 高層湿原、低層湿原、中間湿原の3つが揃っており、高山植物の宝庫。ワタスゲやズミ、レンゲツツジ、ホザキシモツケなどが6~8月頃に楽しめる。また、野鳥の種類が多いことでも有名。

\口コミ ピックアップ/
自然が沢山あって良いと思いました。
夏休みに行きましたが、涼しくて気持ちが良かったです。リフレッシュ出来てオススメです。
(行った時期:2017年8月)

日中は湿地帯の散策です。四季折々、また天気、時間帯で様々な表情を見せてくれて飽きません。またお薦めは星空です。こんな素晴らしい星空が見れるところが関東にあるなんて驚きです。
(行った時期:2017年8月)
戦場ヶ原
住所/栃木県日光市中宮祠
「戦場ヶ原」の詳細はこちら
中禅寺湖 華厳ノ滝 【栃木県】
中禅寺湖 華厳ノ滝出典:じゃらん 観光ガイド 中禅寺湖 華厳ノ滝
\口コミ ピックアップ/
流れ落ちる水の音がとても臨場感があって迫力があります。何度も訪れたくなるような素敵な場所です。自然の偉大さに感動
(行った時期:2016年6月)

昨年の夏場に行きましたけど、滝を近くに行くと涼しかったです。天然のクーラーで、家族全員で感動しましたよ。
(行った時期:2018年1月)
中禅寺湖 華厳ノ滝
住所/栃木県日光市中宮祠
「中禅寺湖 華厳ノ滝」の詳細はこちら
浅間大滝 【群馬県】
浅間大滝出典:じゃらん 観光ガイド 浅間大滝
北軽井沢周辺で最大の滝。幅2m、高さ10mの水量豊かで迫力ある滝。豊富に流れ落ちる水音が静寂な林に吸い込まれていくよう。

\口コミ ピックアップ/
周辺では浅間牧場や鬼押し出し、白糸の滝が有名なので、この浅間大滝はマイナーな部類。
しかし、スケールは大きく、水量は多くてとても良い景勝地です。
(行った時期:2017年7月)

お盆の期間でしたが、思ったより混雑していませんでした。滝の近く迄行くとかなりの迫力で、マイナスイオンとミスト感が実感出来ます。改めて自然の醍醐味と素晴らしさを体験出来ます。
(行った時期:2017年8月)
浅間大滝
住所/群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢
「浅間大滝」の詳細はこちら
野反湖 【群馬県】
野反湖出典:じゃらん 観光ガイド 野反湖
弁天山、八間山などに囲まれた静かな湖。周囲の草原はノゾリキスゲ、レンゲツツジなどの群落や高山植物がみられキャンプ場もある。

\口コミ ピックアップ/
野反湖の美しさは、日本ではないような景色です。時間があると、ここに来て何時間でもいられる場所です。特に夏の時間は最高です。(涼しいです)
(行った時期:2017年8月)

青色の美しい湖に、思わずため息が出てしまうほどでしたよ。眺めてぼーっとするだけで、リラックス出来ました。
(行った時期:2017年8月)
野反湖
住所/群馬県吾妻郡中之条町大字入山
「野反湖」の詳細はこちら
粟又の滝 【千葉県】
粟又の滝出典:じゃらん 観光ガイド 粟又の滝
\口コミ ピックアップ/
滝はマイナスイオンがたっぷりだから風向きで少し流れてくる水しぶきもまた気持ちよくて癒されました。また行きたいな。
(行った時期:2017年6月)
粟又の滝
住所/千葉県夷隅郡大多喜町粟又
「粟又の滝」の詳細はこちら
香澄公園 【千葉県】
香澄公園出典:じゃらん 観光ガイド 香澄公園
\口コミ ピックアップ/
香澄公園は習志野市にある大きな公園です。緑が多くて日陰の場所も多く、ゆっくりと休日を過ごす方も多いです。
(行った時期:2017年5月)

千葉県習志野市香澄エリアに広がる公園です。サイクリングしながら行く方も多く、木陰も多いので暑い季節の利用もおすすめです。
(行った時期:2017年5月)
香澄公園
住所/千葉県習志野市香澄5-16-1
「香澄公園」の詳細はこちら
奥多摩湖 【東京都】
奥多摩湖出典:じゃらん 観光ガイド 奥多摩湖
\口コミ ピックアップ/
ビックリするくらいの美しい自然が広がる名所奥多摩。澄んだ水が流れる滝や渓流がたくさんあり、アウトドアライフを満喫できます。
(行った時期:2017年7月)

奥多摩町にある人造湖ですがとても東京都とは思えない雰囲気で見ているだけで落ち着きました。ちょっとしたドライブに最適です。
(行った時期:2018年5月)
奥多摩湖
住所/東京都西多摩郡奥多摩町原
「奥多摩湖」の詳細はこちら
小河内ダム 【東京都】
小河内ダム出典:じゃらん 観光ガイド 小河内ダム
\口コミ ピックアップ/
ダムに張られた水に空や山が反射して映っていて、とても良い眺めでした。静かな時を過ごすことができました。
(行った時期:2017年5月)

奥多摩方面に行ったら必ず立ち寄ります。特になにがあるわけでもないのですが湖畔を眺めたり迫力のダムを見たりしてると癒されます。
(行った時期:2017年2月)
小河内ダム
住所/東京都西多摩郡奥多摩町原
「小河内ダム」の詳細はこちら
日原鍾乳洞 【東京都】
日原鍾乳洞出典:じゃらん 観光ガイド 日原鍾乳洞
\口コミ ピックアップ/
車でいくことをおすすめします。特に夏場は、おすすめします。鍾乳洞のなかは、ひんやりとしていて気持ちが良いです
(行った時期:2017年8月)

夏だけど、ひんやりとする洞内は期待通り。いつの間にかに、きらびやかなライトアップがなされ、幻想的になりました。
(行った時期:2017年7月)
日原鍾乳洞
住所/東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
「日原鍾乳洞」の詳細はこちら
鳩ノ巣渓谷 【東京都】
鳩ノ巣渓谷出典:じゃらん 観光ガイド 鳩ノ巣渓谷
多摩川が秩父古生層を浸蝕してつくった渓谷美。そこは巨岩・奇岩の間を清流が縫う渓谷です。吊り橋(鳩ノ巣小橋)の手前を左に行けば古里方面、対岸に渡れば渓谷美を楽しみながら白丸ダムを経て白丸方面へ向かうことができます。

\口コミ ピックアップ/
水も綺麗で森林や空も綺麗な絶景スポットです。四季折々に楽しめる場所で、ハイキングコースにオススメです。ぜひまた行きたいですね。
(行った時期:2018年9月)

夏場にいくのがおすすめです。
坂が多いので歩きやすい靴の方がいいです。
森林の中を歩くのはとても気持ちがいいです
(行った時期:2017年8月)
鳩ノ巣渓谷
住所/東京都西多摩郡奥多摩町棚沢
「鳩ノ巣渓谷」の詳細はこちら
強羅温泉 【神奈川県】
強羅温泉出典:じゃらん 観光ガイド 強羅温泉
早雲山の東斜面、標高500メートルの高地にあり、湯本温泉に次ぐ規模をもっています。 歴史の古い温泉場ですが、急ピッチで開けたのは大正8年に箱根登山鉄道が開通してからでその後急速に避暑地として脚光を浴びました。土地は整然と区画され、生垣のある坂道沿いの桜並木や紅葉はすばらしく、木の間隠れの眺望も雄大である。

\口コミ ピックアップ/
山の中腹にある温泉で、こじんまりとした旅館が多かったです。のんびりと過ごしたい時にはオススメの場所です。
(行った時期:2017年10月)

山の中にある隠れ家温泉街といった感じ。高級旅館が多いイメージがあります。街を散策すると、おいしいものがたくさんあって、大人なランチが充実している気がします。
(行った時期:2018年3月)
強羅温泉
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅
「強羅温泉」の詳細はこちら
駒ケ岳 【神奈川県】
駒ケ岳出典:じゃらん 観光ガイド 駒ケ岳
\口コミ ピックアップ/
駒ケ岳ロープウェイで7分くらいで山頂まで行けます。気温差がありますので夏でも羽織るものがあると良いと思います。山頂からは富士山、芦ノ湖、相模湾などが一望出来絶景です。
(行った時期:2017年7月)

天候がいい日のお出かけにもおすすめの駒ケ岳です。ロープウェイでを利用して箱根や芦ノ湖がとても綺麗に見えます。
(行った時期:2018年9月)
駒ケ岳
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根
「駒ケ岳」の詳細はこちら
江の島岩屋 【神奈川県】
江の島岩屋出典:じゃらん 観光ガイド 江の島岩屋
長い歳月を経て波の浸食で出来た岩屋は、第一岩屋と第二岩屋から成り、洞内は神秘的音響・照明で演出され、江の島の浮世絵や龍神伝説に基づくオブジェの展示などがあります。

\口コミ ピックアップ/
猛暑の時こそ行っていただきたい避暑地です。江ノ島の上の方にあるため、行くまでに汗だくになりますが、一歩岩屋の中に入れば天然クーラーが堪能できます。滑りやすいので必ず歩き易い靴で行きましょう。
(行った時期:2017年8月)

歴史を感じました。立派な岩がたくさんあり洞窟みたいになっていました。夏に行きましたがひんやりしていました。
(行った時期:2018年9月)
江の島岩屋
住所/神奈川県藤沢市江の島2丁目
「江の島岩屋」の詳細はこちら


■甲信越の避暑地
清里高原 【山梨県】
清里高原出典:じゃらん 観光ガイド 清里高原
美し森を中心にした高原。ツツジ、スズランの名所。夏は学校寮やキャンプで賑わう。

\口コミ ピックアップ/
猛暑の中、清里は避暑にぴったり。空気もきれいで、ドライブするだけでも気持ちがいい。道路も空いていてイライラすることもなく、気分も爽快
(行った時期:2018年8月)

ペンションブームの頃の清里のにぎわいはありませんが、道路は渋滞することも無く適度に人がいてゆったりのんびり出来る心地よい場所です。田園風景も広がり、日常から離れ避暑にはとても良い場所です
(行った時期:2018年8月12日)
清里高原
住所/山梨県北杜市高根町清里
「清里高原」の詳細はこちら
北八ヶ岳ロープウェイ 【山梨県】
北八ヶ岳ロープウェイ出典:じゃらん 観光ガイド 北八ヶ岳ロープウェイ
\口コミ ピックアップ/
頂上の散歩コースは周遊コースになっていて、短い時間で散策できます。
下界は猛暑ですが、頂上は涼しく快適です。
坪庭駅に併設されている展望台から、の眺めが絶景です。
ロープウェイ料金は要りますが、おすすめの観光スポットです。
(行った時期:2018年8月)

ロープウェイを乗る時と頂上で降りる時の温度差に驚きました。
何て涼しいのでしょう。
頂上からの眺めは最高でした。
次は紅葉の時期に行ってみたいです。
(行った時期:2018年7月)
北八ヶ岳ロープウェイ
住所/長野県茅野市北山蓼科
「北八ヶ岳ロープウェイ」の詳細はこちら
鳴沢氷穴 【山梨県】
鳴沢氷穴出典:じゃらん 観光ガイド 鳴沢氷穴
\口コミ ピックアップ/
とても暑い日に涼しくなりたくて行ったが本当に寒いくらいで羽織ものがないと厳しかった。天然の氷は凄い。
(行った時期:2017年6月)

真夏の暑い時期に行ったのですが、中は本当に寒い!氷ができてる寒さなので少し羽織りものがあればいいかも?氷がライトアップされてて綺麗でした。
(行った時期:2017年7月)
鳴沢氷穴
住所/山梨県南都留郡鳴沢村8533
「鳴沢氷穴」の詳細はこちら
吐竜の滝 【山梨県】
吐竜の滝出典:じゃらん 観光ガイド 吐竜の滝
川俣川渓谷にいくつかある滝の中で最も美しい優雅な滝。小さな滝が何段にも落ち込むその姿は、まるで竜が水を吐くかのように見えるためこの名が付いたといわれる。駐車場から遊歩道を歩いて5分ほど。トイレ(夏のみ)や遊歩道も最近整備され、小さな子供連れでも訪ねやすくなった。カメラ片手に出かけよう。

風情ある景色に感動神秘な雰囲気の滝見物

\口コミ ピックアップ/
何もしないでひたすら流れ落ちる水をみて過ごしましたが、とてもお気に入りの場所になったので二日連続で行きました!
歩くのでスニーカーで行き、水に足をつけたかったのでビーチサンダルを持参しました。少し山道を歩きますので、ヒールや脱げやすいサンダルは避けた方がいいと思います。
(行った時期:2018年7月)

木がいっぱいあるし、川の側は涼しい。マイナスイオンをいっぱい吸った感じ。天気も良かったので、写真はバッチリです。滝を見て、また、頑張るぞ~って思いました。
(行った時期:2017年7月)
吐竜の滝
住所/山梨県北杜市大泉町西井出
「吐竜の滝」の詳細はこちら
尾白川渓谷 【山梨県】
尾白川渓谷出典:じゃらん 観光ガイド 尾白川渓谷
甲斐駒ヶ岳に源を発する女性的な美しさを秘めた渓谷で千ヶ渕・神蛇滝・不動滝など数多くの滝や渕があり、その清冷な水は、名水百選に選定された。

\口コミ ピックアップ/
とっても良かった。尾白川渓谷とっても綺麗でした。真っ白な川底と冷たい水の流れ。滝壺がエメラルドグリーンに輝いてとっても綺麗。行った甲斐があります。最初の滝までは比較的楽に行けるのでおススメです
(行った時期:2018年8月)

駐車場から少し歩いた先に渓谷があり、澄んだきれいな水で川遊びが出来ます。マイナスイオンをたっぷり浴びリフレッシュ出来ます。
(行った時期:2017年7月)
尾白川渓谷
住所/山梨県北杜市白州町
「尾白川渓谷」の詳細はこちら
上高地 【長野県】
上高地出典:じゃらん 観光ガイド 上高地
日本有数の高原散策コースで知られる上高地。初夏から秋にかけては多くの観光客で賑わう。亜高山帯に位置するため、様々な高山植物や蝶などを目にすることができる。最も一般的なコースは大正池と田代池を結ぶ自然研究路で、起点となる河童橋から2時間程度で往復可能。歩き疲れたあとは温泉で体を休めたい。

日本有数の高原散策路草花や蝶を観察しよう

\口コミ ピックアップ/
梓川の水の清らかさ、透明感には何度来ても感動します。上高地を味わうには、大正池から明神池まで歩くのがいい。風景が違った表情を見せてくれるので飽きることがありません。青い空に山の稜線がくっきり映えて絵葉書にりそうな場所がいくつもあります。
(行った時期:2018年7月)

夏、地上が暑いときに上高地に来るととても良いです。暑い日でも日陰に行けば十分涼しいです。
梓川の川辺でコーヒーを入れたら、もう最高の気分になれます。山と空と水と木々に癒されます。
(行った時期:2018年8月)
上高地
住所/長野県松本市安曇上高地
「上高地」の詳細はこちら
千畳敷カール 【長野県】
千畳敷カール出典:じゃらん 観光ガイド 千畳敷カール
ナナカマドの紅、ダケカンバの黄、ハイマツの緑、白い岩とのコントラストが見事です。

\口コミ ピックアップ/
バスとロープウェイで簡単に山頂駅まで行けます。
夏でも涼しい、紅葉時期も素晴らしい景色が。
冬は雪景色がきれいです。
(行った時期:2018年9月)

夏の暑さを忘れてしまうほど、涼しく一枚羽織様な服を持って行った方が良いです。
景色を眺めていると、つい時間を忘れてしまうほどでした。
遊歩道は適度な運動に良いくらいでした。
(行った時期:2018年7月27日)
千畳敷カール
住所/長野県駒ヶ根市赤穂1番地
「千畳敷カール」の詳細はこちら
車山高原 【長野県】
車山高原出典:じゃらん 観光ガイド 車山高原
\口コミ ピックアップ/
ビーナスラインのドライブの途中に立ち寄りました。天候に恵まれ、日差しは強くて暑かったけど、リフトに乗って、山頂まで行くと、風は気持ち良く、眺めは最高でした!綺麗な写真も撮れました。
(行った時期:2018年7月)

足に自信があれば歩いて山頂まで行けますが、ロープウェイもあります。
山頂に着くと結構人がいました。
夏は下界と違って爽やかな高原の風が気持ちいいです。
(行った時期:2018年7月)
車山高原
住所/長野県茅野市北山3413
「車山高原」の詳細はこちら
乗鞍高原 【長野県】
乗鞍高原出典:じゃらん 観光ガイド 乗鞍高原
\口コミ ピックアップ/
この夏に上高地と兼ねて乗鞍高原を訪れました。
猛暑でどんな感じかと思っていましたが、勿論クーラーなしで
快適に過ごす事が出来ましたし、なんといっても鳥の鳴き声で
朝を迎える事が出来比日常を味わえました。
又機会があれば訪れたいです。
(行った時期:2018年7月24日)

猛暑を逃れるために来ました。標高2000mぐらいで真夏の昼間でも25度前後で木陰なら快適です。滝、散策、日帰り温泉もあってゆっくり過ごせます。
(行った時期:2018年7月15日)
乗鞍高原
住所/長野県松本市乗鞍高原
「乗鞍高原」の詳細はこちら
美ヶ原高原 【長野県】
美ヶ原高原出典:じゃらん 観光ガイド 美ヶ原高原
松本駅を降りて東側正面に見えるひときわ高い山が、美ヶ原高原です。夏は、放牧の牛たちがのんびりと草を食み、可憐な花たちが風に揺れます。標高2000mに広がる高原からは、北アルプスはもちろん浅間山、南アルプス連邦、富士山も見渡せる360度のパノラマが広がります。

\口コミ ピックアップ/
涼しいです。
酷暑から逃げたいならココしかないでしょう。
アップダウンも無く長閑な牧場風景を見ながらのウォーキングが最高です。
(行った時期:2018年7月)

牧草地を流れるように吹く爽やかな風、放牧された牛が草をはむ音、どこまでも続く広い空、夜には流れ星、眼下に広がる雲海… 何度も訪れてしまう場所。一人でも、恋人や夫婦でも、友達とでも、家族でも、きっとかけがえのない時間が過ごせると思います。
(行った時期:2018年7月)
美ヶ原高原
住所/長野県松本市入山辺
「美ヶ原高原」の詳細はこちら
清津峡 【新潟県】
清津峡出典:じゃらん 観光ガイド 清津峡
\口コミ ピックアップ/
トンネルが掘られており、清津峡の奥地まで歩いて観に行くことができます。トンネル内は自然の冷水を流しており、とても涼しいため、夏場でも快適です。トンネル内からはいくつか川の方に出る出口があり、そこからの景色を楽しむことができます。トンネル内外の温度差が大きいため、夏場でも長袖を持って来た方が良いです。
(行った時期:2017年8月)

2018年4月にリニューアルされ、パノラマステーションに水鏡を利用したアート作品が展示されました。元々雄大な清津峡の眺めがさらに素晴らしいものになっています。パノラマステーションに行くには往復1.5kmのトンネルを歩く必要があるのですが、その価値はあります。
(行った時期:2018年7月)
清津峡
住所/新潟県十日町市小出
「清津峡」の詳細はこちら

※この記事は2019年5月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ