交通取締り用パトカー判別法を知っておくべき理由

ラジオライフ.com

2019/5/17 17:05


警察の交通部門を担当する交通課の中でも、違反車を取り締まるための執行部隊となるのが「交通機動隊(交機)」と「高速道路交通警察隊(高速隊)」です。白黒パトカーや白バイ、覆面パトカーを用いて、速度違反などを取り締まります。交通取締り用のパトカーは普通のパトカーと何が違うのでしょう。

交通取締り用パトカー判別法を知っておくべき理由

交通機動隊のパトカーはハイパワー


交通機動隊と高速隊は、街中を巡回する「警らパトカー」とは違って「交通パトカー」を使用しています。白黒パトカーの車種はクラウンが多く見られますが、交通パトカーと警らパトカーでは同じクラウンでも中身が全く違っているのです。

例えば、全国に多数配備された200系クラウンの場合、同じロイヤルがベースになっていても交通機動隊の交通パトカーは3,000ccのハイパワーモデル。警らパトカーは2,500ccとなっています。

さらに、2016年ごろから配備の始まった210系クラウンに至っては、ロイヤルに2,500ccまでの設定しかないため、交通パトカーには3,500ccの設定のあるクラウンアスリートを採用しているのです。

このため、210系クラウンの交通パトカーは排気量がアップしただけでなく、警らパトカーとは外観が大きく違っています。特に稲妻型のフロントグリルは攻撃的な印象。しかも、前面警光灯の取り付け位置が覆面パトカー仕様と同じグリル内になっているのです。

交通機動隊の覆面パトカーの性能


交通機動隊や高速隊には覆面パトカーも在籍します。こちらも車種としてはクラウンがよく見られますが、200系クラウンは白黒パトカー同様に3,000ccのハイパワー。210系クラウンも白黒パトカーと同じくアスリートが採用されているため、3,000ccから3,500ccに性能がアップしています。

しかも、交通取締り用のパトカーは他のパトカーと違い、スピード違反を取り締まる際は道路交通法上、速度無制限で走ることができます。このため、交通機動隊や高速隊の交通パトカーは、乗務員の運転技量と相まってスピード取り締まりで猛威を奮うというわけです。

これが、交通機動隊と高速隊のパトカーの判別方法を知っておいて損はない理由。特に白黒パトカーなら、赤色灯がルーフに直接載っていれば交通パトカー、白いボックスの上に乗っているなら警らパトカーと見分けることができます。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ