声優・代永翼、教師からの「声に優れると書いて声優」の一言でコンプレックスが長所に

AbemaTIMES

2019/5/17 15:06



 アニメ「おおきく振りかぶって」三橋廉役や「弱虫ペダル」真波山岳役などで知られる声優の代永翼が、声にコンプレックスを持っていたことを明かすとともに、声優を目指すきっかけについて語った。

AbemaTV「声優と夜あそび」の5月のマンスリーMCに就任した代永は、木曜MCの浪川大輔(「ルパン三世」石川五ェ門役や「BLEACH」ウルキオラ・シファー役など)とともにトークを繰り広げている。5月16日に生放送された同番組で、代永が、小学生の頃から声優に憧れていたことを語った。

代永は、「声にコンプレックスがあった。結構いじめられていた、(声が)高すぎて。5、6年生になると声変わりが始まるでしょ?」と特徴的な声質がいじめの原因にもなっていたことを明かした。代永が教師に悩みを相談したところ、「あなたしか持っていない声だから、それは誇りにしなさい。神様がくれたプレゼントだから大事にしなさい。もし悔しい思いをしているのであれば、声優という声を使った仕事もある」と励ましてくれたそうだ。


 浪川が「先生が勧めたの?」と驚きを示すと、代永も「本当に金八先生みたいな感じだった。黒板に『声優』って文字を書いてくれて、『わかる? “声”に“優れる”で声優っていうんだよ』って」と語った。当時の代永は声優という仕事を知らなかったが、教師の勧めで声優を目指すようになったことを明かした。「ずっと声優に憧れていた」という代永に対して、浪川は、「声優になったとき、どうだった?」と質問。代永は、「超うれしいですよ。めっちゃうれしいですよ」と答えた。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】映像ラストにビデオ限定映像も!【浪川大輔×代永翼】 #6



当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ