妻を殴り、死なせた75歳男 警察に語った「まさかの動機」に絶句…

しらべぇ

2019/5/17 14:00

(sakai000/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
16日、64歳の妻の顔などを殴ったとして、75歳の男が傷害容疑で逮捕されるという事件が発生。男が警察に語ったとされる言葉に、ネット上では怒りの声があがっている。

■暴行を認める


事件が起こったのは愛知県名古屋市。場所は、ふたりが住んでいた集合住宅一室の自宅だ。

「意識や呼吸がない」という通報を受けた救急隊が駆けつけたところ、妻が倒れており、その後病院に搬送されたものの死亡。

その際、妻の顔が腫れ上がっており、病院が警察に通報。男から事情を聞いたところ、殴ったことを認めたため、逮捕に至った。

■日常的な暴力か


男は日常的に妻に暴力を振るっていたようで、近隣の住民の間では有名だったという。

なお、警察の取り調べに対し、男は容疑を認めたうえで、殴った動機を「ご飯の支度をしてくれなかった」と述べたそうだ。

■「最低」「奥さんが不幸すぎる」


この報道に対し、ネット上では「最低」「奥さんが不幸すぎる」などの声が。

「ご飯食べたいなら自身で支度をすればいいのに」

「最後は殴り殺すって…最低だと思います」

「結婚して何年の夫婦だかわかりませんが、日常的な暴力を64歳になるまで受け続け、最終的に殴り殺されるなんて、不幸すぎる」

「こんな最期になってしまった奥さんが気の毒すぎる」

■約1割が恋人から暴力


しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,313名を対象に調査を実施した。その結果、全体の11.0%が「暴力を振るう異性と交際したことがある」と回答。



性年代別にみると、20代は男女ともに2割弱が該当。また、男性のDV被害者も多いことがわかった。

なお、今回の事件に関し、警察は傷害致死の疑いも視野に入れて捜査を進めているという。亡くなった女性のご冥福をお祈りしたい。

・合わせて読みたい→「妻の意識がない」と告げられた息子 駆けつけた現場で目にした姿に絶句

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の交際したことのある男女1313名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ