立川志らく 千葉の小4女児虐待死事件の母親に「執行猶予求めてるけど…」

 落語家の立川志らく(55)が17日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。千葉県野田市立小4年の少女=当時(10)=が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件について言及した。

 虐待事件で、父親(41)=傷害致死罪で起訴=の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われた母親の初公判が16日に千葉地裁で開かれた。検察側は、少女が父親との生活を「毎日地獄だった」と打ち明けたという母親の供述調書を読み上げ「母の助けを求めていたはず」とした。

 志らくは、父親について「悪魔。父親でも何でもない」と指摘。一方で母親については「被害者でもあるから母親をあんまり責めてもっていうのは分からないでもない」としながらも「子どもにとっては頼れるのはママしかいなかった。弁護側が執行猶予求めているのは信じられない」と語気を強めていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ