[ALEXANDROS]、秦 基博、UVERworld、オーラル、アジカンが大阪城ホールに登場 FM802【REQUESTAGE 2019レポート】

Billboard JAPAN

2019/5/17 12:50



4月29日(月・祝)大阪城ホールにて『FM802 30PARTY SPECIAL LIVE 紀陽銀行 presents REQUESTAGE 2019』が開催された。このイベントは、大阪のラジオ局・FM802開局30周年のイヤーイベントとしての一環として企画され、ASIAN KUNG-FU GENERATION、[ALEXANDROS]、UVERworld、King Gnu、THE ORAL CIGARETTES、秦 基博の6組が登場した。

オープニングでは、FM802のDJ大抜卓人と落合健太郎が登場し、イベントについて紹介を行った。この『REQUESTAGE』は、「番組にリクエストが沢山来るアーティストのライブを、リスナーに生で楽しんで欲しい」との思いから2002年からスタート。FM802の番組では開催される約2ヶ月ほど前に出演アーティストが発表され、1ヶ月前には番組内で「ライブで聴きたい曲」を受け付け、今回は上位に選ばれた曲や新曲がライブで多く披露された。

●ASIAN KUNG-FU GENERATION
 トップバッターは、このイベントに最多出演というASIAN KUNG-FU GENERATIONが登場。「君の街まで」「リライト」といったライブ定番曲に加え、最新アルバム「ホームタウン」からのナンバーが披露された。「ソラニン」を演奏した後、「ビートやメロディが鳴って、そこに言葉がのって…音楽が始まるのはそこからだから。俺たちが鳴らしているだけじゃ、何も始まらない」という後藤正文(Vo&Gu)の言葉に大きな拍手が沸き起こる。ラストの「ボーイズ&ガールズ」まで、力強く疾走感のあるステージを繰り広げ、『REQUESTAGE』の開幕を高らかに告げた。

●King Gnu
 2番手はKing Gnu。「平成の終わりに、新しい扉を開くアーティストです!」そんな大抜の言葉に、喜びの咆哮にも似た大きな歓声が会場を震わせる。井口理(Vo・Key)と常田大希(Gt&Vo)という性質の異なるボーカルのぶつかり合い、そこに重なる新井和輝(Ba)と勢喜遊(Dr)による鉄壁のアンサンブル。最新アルバム『Sympa』のリード曲「Slumberland」や、アニメ『BANANA FISH』エンディング曲「Prayer X」など、中毒性のあるロックサウンド、更に「King Gnuの中で一番ファンキーでごきげんな曲です」と「白日」などをたたみ掛け、彼らにとっても初となる大阪城ホールのステージを熱く盛り上げていた。

●秦 基博
「彼が初めて大阪でライブ行ったのは2006年9月23日、野音のステージでした。」そんな回想の後、大抜が声高らかに彼の名を叫び、3番手の秦 基博がステージに登場。ギター一本で「鱗」を歌い上げ、しなやかかつ澄んだ歌声が大阪城ホールに静かに響き渡った。その後、バンドメンバーが登場し、「もしかして秦 基博の出番の間、休憩しようと思っていませんでした!?」そんな悪戯っっぽい笑顔を浮かべた秦。2013年にFM802で春のキャンペーンソングに起用された「スプリングハズカム」や最新曲「仰げば青空」を軽やかに力強く歌い上げ、ラストの「ひまわりの約束」では会場中から合唱が沸き起こり、温かく穏やかな空気の中、そのステージを終えた。

●[ALEXANDROS] 
4番手は[ALEXANDROS] 。今回は庄村聡泰(Dr)が療養のため出演できず、BIGMAMAのリアド偉武をサポート・ドラマーとして迎えてステージが行われた。リアドのカウントから拳を高く突き上げる川上洋平(Vo&Gt)。「Are you ready?OSAKA!」そんな川上の声に、会場中が歓声で応え、1曲目の「starrrrrrr」がスタート。更にリクエスト1位という「アルペジオ」、映画『BLEACH』の主題歌にも起用された「Mosquito Bite」へと続き、会場のテンションは沸点へと達する。新曲を交えつつ、ラストの「ワタリドリ」まで一気に駆け抜けたステージであった。

●UVERworld
いよいよクライマックスへと向かいつつある『REQUESTAGE』。トリ前に登場したのはUVERworld。1曲目の「ナノ・セカンド」から繰り広げられる圧倒的パフォーマンスに会場中が一気にヒートアップする。「30分、1800秒という時間に全てを込めます!」というTAKUYA∞(Vo)の声を体現するかのように、息をつく間もなく押し寄せる熱気、音の波に、負けじと会場中から拳が振り上がる。リクエスト2位の「PRAYING RUN」そして1位の「Touch off」と、曲を重ねる毎に高まる会場のヴォルテージ。ラストはTAKUYA∞がフロアに降り立ち、大観衆と共に大合唱。高まり切ったテンションのまま、ラストのTHE ORAL CIGARETTESへとバトンを繋いだ。

●THE ORAL CIGARETTES
「さあ大阪、今日は騒ごうぜ」そんな山中拓也(Vo&Gt)の言葉と共にトリのTHE ORAL CIGARETTESのステージがスタート。深層心理をロックサウンドに描き込んだ「PSYCHOPATH」、ダンサブルな「容姿端麗な嘘」を経て、リクエスト1位だったという「ワガママで誤魔化さないで」をたたみ掛ける。「最高なロックバンドと音楽とラジオ、そしてお客さん。俺はロックシーンを信じています!」と高らかに叫び、「狂乱 Hey Kids!!」「BLACK MEMORY」で会場のテンションは最高潮へ。アンコールでは自分たちを支えてくれたファンと、FM802への感謝を口にしながら、デビュー曲「起死回生STORY」を披露。アリーナツアーを経て、第2章へと進むTHE ORAL CIGARETTESの勢いを感じさせつつ、「次は令和へ」と叫び、平成最後の『REQUESTAGE』は熱狂の中、幕を閉じた。

今回の『REQUESTAGE』の模様は、5月19日と26日にFM802のスペシャル番組で全アーティストのライブ音源と出演後コメントをオンエアする。さらに番組内で全アーティストのサイン入りポスターをプレゼントするとのこと。

写真提供:FM802
Text by 杉本ゆかり

◎イベント情報
【FM802 30PARTY SPECIAL LIVE 紀陽銀行 presents REQUESTAGE 2019】
2019年4月29日(月・祝)※終了
会場:大阪城ホール
出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION / [ALEXANDROS] / UVERworld / King Gnu / THE ORAL CIGARETTES / 秦 基博
https://funky802.com/requestage/

◎番組詳細
紀陽銀行 presents FM802 REQUESTAGE 2019 SPECIAL
放送日時:2019年5月19日(日)、26日(日) 21:00-22:00
出演:
19日(日) ASIAN KUNG-FU GENERATION / King Gnu / 秦 基博
26日(日) [ALEXANDROS] / UVERworld / THE ORAL CIGARETTES
DJ:大抜卓人、落合健太郎(FM802 DJ)
※番組内で全出演アーティストのサイン入りポスターを抽選でプレゼント
https://funky802.com/requestage/

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ