指原莉乃、デート中の男子の言葉に怒り 「最低!人間とは思えない!」

fumumu

2019/5/17 12:00


指原莉乃さんと、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズがMCを務める「サイテー男」たちを集めて「サイテーな恋愛事情」を聞き出す番組『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)。
指原莉乃@AbemaTV
14日の放送は「サイテー男も実は頭使ってるSP」と題して、サイテー男たちが女性のタイプによってアピール方法を変えるテクニックを披露しました。番組内では、さっしーが「サイテー!」と声を荒げた場面も。

■「こじらせ女性」へのテク


「賢い女性を落とすテクニック」のテーマでは、俳優の28歳男性・松代さんは「自分より年上でスペックが高い、こじらせ女性に使えるテクニック」を紹介。
指原莉乃@AbemaTV
まず、狙っている女性に「好きになった人と付き合えたことがないんだよね」「好きな人の前では、うまく接することができないんだよね」と話すという松代さん。これは、共感を得ることができる上に“純粋で可哀想な人間”をアピールするための手段だとか。

■「最初」を願う男「最後」を願う女


松代さんいわく、「男は『最初の男』でありたい生き物」であり、「女は『最後の女』でありたい生き物」であると持論。結果、女性は「そんなに純粋なら、私のことすごい大切にしてくれるんじゃないかな」と、錯覚に陥るといいます。

相手の女性を錯覚に陥らせたところで、食事中に「気になってもない人と2人で遊ばないよね」「最近、気になる人ができたんだよね」など「甘いワードでエサをまく」のだとか。それ以降は、「好き好き言っとけばヤレる」と語ります。
指原莉乃@AbemaTV
ブラマヨ小杉さんは「最後が乱暴!」「それは松代くんみたいに、かわいい顔が言うから…」とポツリ。

■女性を虜にするデート


番組後半は、「女性の気持ちを考えないサイテー男たちに、イチから恋愛のマナーを学んでもらおう」のコーナー。

先生として登場したのは、『サイテー男』に何度か出演している、人気レズビアン風俗嬢のゆづきさん。女性の気持ちを重視した内容で、ゆづきさんがサイテー男たちにクイズを出していきます。
指原莉乃@AbemaTV
「デート中、○○と女性に声をかけよう」のクイズには、「簡単ですよ」と勢いよく挙手して「早くヤろうよ」と回答したのは、エロメンの月野帯人さん。もちろん不正解ですが、さっしーも「最低ですね、よく言えましたね」と呆れ顔。

続いて手をあげたブラマヨ吉田さんの「ちょっとだけ、お尻舐めていい?」の回答にもさっしーは「最っ低」とひとこと。23歳のホスト男性は「今日、生理?」の言葉には、「サイテー! 人間と思えない!」と、ついに声を荒げるほど、呆れを越して軽蔑している様子。

■さっしー「マジで嬉しい」


最低な回答が続く中、ゆづきさんが出した正解は「写真撮ってあげようか?」という言葉。正確には、いい場所を見つけると「そこに立って! 撮りたい!」と言葉をかけるのだとか。

ひと目を気にして「写真を撮ってほしい」と頼めないことが多いことと、思い出を持ち帰りたい女子にとっては嬉しい言葉だと説明します。これにはさっしーも「嬉しい! 思い出!」「これ、マジで嬉しいです! 自分のこといいと思って撮っているんだなって思うし…」と大絶賛。
指原莉乃@AbemaTV
この回答を受けて、ブラマヨ吉田さんは、「たとえば動物園行って、ペンギンがいるやんか。ペンギンの豆知識を言うか、『写真撮ってあげる』か…どっちがいい?」とさっしーに質問。

「え、ペンギンの豆知識を喜ぶと思ってるんですか? 全然嬉しくない」と即答され、吉田さん「あ、そう…」と玉砕しました…。

・合わせて読みたい→指原莉乃の浮気の定義「LINEをされるだけでイヤ」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ