マック、今、絶対食べるべき商品5選!あの人気商品超えるバーガー、奇跡のワッフルコーン!


“マック”や“マクド”といった愛称で親しまれている、ハンバーガーチェーン最大手のマクドナルド。かつては、ファストフードと聞いたら誰もが真っ先に思い浮かべるような存在だったものの、2014~15年頃に期限切れ鶏肉の使用や、商品への異物混入が問題になって以降、業績が低迷していた。

しかし、今ではそれも過去のこと。14年から日本マクドナルドホールディングスの社長となったサラ・カサノバ氏のもと、人員削減や店舗の選択・集中などに注力し、コスト面を改善。さらに店舗の改装やメニューの見直し、アプリでのクーポン配布といった積極的なアクションも功を奏し、業績は回復した。

18年12月期の連結決算によると、売上高は前年同期比7.3%増の2722億5700万円、営業利益は同32.4%増の250億4500万円となっており、一時期からは考えられないくらいのV字回復ぶり。1店舗あたりの売上高でも過去最高を更新し、絶好調といってもいいほどの勢いを見せている。

マックは再び“みんなのマック”と呼べる立ち位置に返り咲きつつあるのだ。食の安全が問題になって以降ご無沙汰だったが久しぶりに食べてみたいという人や、行楽地へ車で向かう際にドライブスルーで利用したいという人もいるだろう。そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この春、買うべきマックの商品5選」を、独自にセレクトした。ぜひ参考にしてほしい。

【この春、買うべきマックの商品5選】

●チキンクリスプ/100円(税込、以下同)

複数人で行楽地へ出かける前にマックで買い出ししようとなったとき、マストで注文しておきたいのが「チキンクリスプ」だ。1個100円という低価格で、1食としてちゃんと満足できる大きさのハンバーガーが買えてしまうというのが第一の魅力である。

味についても、サクサクとした歯ごたえ、かつスパイスの効いたチキンを、レタスがさっぱりと食べさせてくれるため、最初から最後まで飽きることがない。奇をてらわない味つけは万人ウケすること間違いナシだし、とりあえず2つか3つ買っておけば、小腹が空いたときのおやつとしても重宝するだろう。

●エッグチーズバーガー/200円

コスパ的な観点で、もうひとつ取り上げたいのが「エッグチーズバーガー」。「エグチ」という略称も使われているこのメニューは、「チーズバーガー」(130円)に卵をプラスしただけ……という見方もできるかもしれないが、その卵のぷるんとした食感は、なかなか侮れない。

アクセントとなるピクルスや、みじん切りオニオンが入っているのも高ポイントだし、ケチャップがメインとなったソースも値段以上のクオリティ。質・量ともにかなりのハイレベルといえるだろう。「迷ったときはコレ」と、自信をもっておすすめできる逸品だ。

●グラン ベーコンチーズ/390円

「グラン ベーコンチーズ」は、インターネット上で「あのダブルチーズバーガー(330円)を超える濃厚さ」との声も聞かれる商品。よほど空腹で、しっかりとしたものが食べたいという人には非常に向いているだろう。

特製バンズの間に、100%ビーフのパティと2種類のチェダーチーズ、さらにスモークベーコンが挟み込まれているので、食べごたえはばっちり。390円という値段はマックにしては高価に思えるかもしれないが、パンのもちもち感とチーズのクリーミーさ、パティとベーコンからあふれる肉感を味わえば、納得してしまうこと請け合いだ。

●ワッフルコーン ストロベリー/200円

ワッフルコーンに入ったソフトクリームに、果肉感たっぷりで甘酸っぱいストロベリーがトッピングされた「ワッフルコーン ストロベリー」は、春らしい味わいを提供してくれる、まさにこの時期に食べるべきメニュー。

公式サイトで「マクドナルドが本気で作った」とわざわざ謳われているソフトクリームは実に芳醇で、インターネット上でも好評を博している。一度口にしてみれば、その理由は身をもって確かめられるはずだ。

また、片手で持つには大きいほどのコーンに、ぎっしりとクリームが詰まっているので、コスパも優秀。ソフトクリームを食べたくなったとき、日頃はコンビニなどで済ませているという人には、この商品を注文するためだけにマックを訪れてほしいくらいである。

●プレミアムローストコーヒー(S)/100円

ぽかぽかとした陽気の日が続き、外出することも増えるこの季節。お出かけのお供に、コンビニのカウンターコーヒーを飲んでいる人も多いことだろう。その対抗馬になり得るのが、マックの「プレミアムローストコーヒー」だ。

改良を重ねられてきたマックのコーヒーは、そのおいしさがインターネット上で評判になるほど。ブラジル産やコロンビア産などの豆がブレンドされているので、奥深い風味がある。さらには、こだわりのコーヒーマシンを使用し、約4分という時間をかけて丁寧に淹れられているため、雑味のない味わいを楽しめるというのだ。

アイスでもホットでも、Sサイズならば100円という安さで購入できるのもうれしいところ。また、少々値は張ってしまうが、「カフェラテ」(150円~)や「キャラメルラテ」(210円~)といったメニューもマックには用意されているので、一緒に頼んだバーガーとの相性やその日の気分を考えて、いろいろと試してみるのもいいかもしれない。

春は歓迎シーズンでもあるし、何かと出費がかさむことだろう。コスパのいい商品ばかり揃っているマックは、そんなときの心強い味方になってくれるので、賢く利用していきたいものだ。
(文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ