アメリカ運輸省、アメリカン航空の羽田空港発着2路線開設と増便を仮承認 ダラス・ロサンゼルス線

Traicy

2019/5/17 10:35

アメリカン航空(ボーイング787-8型機、ボーイング787-9型機)アメリカ運輸省は、アメリカン航空による羽田空港とアメリカ2都市を結ぶ路線の開設と増便を仮承認した。

新規開設と増便がされるのは、羽田空港とダラス/フォートワース・ロサンゼルスの2都市を結ぶ路線で、既存のロサンゼルス線を含む、2路線1日3便を運航することなる見通し。ダラス/フォートワース線はボーイング777-200型機、ロサンゼルス線はボーイング787-8型機で運航する。

アメリカン航空はアメリカ運輸省に、東京/羽田~ダラス/フォートワース・ラスベガス線の2路線の開設と、東京/羽田~ロサンゼルス線の増便を申請していた。4便の割当を申請しており、申請は優先順は、ダラス/フォートワース、ロサンゼルス、ダラス/フォートワース、ラスベガスの順だったことから、申請していた優先順の上位2路線が認められた形となった。今夏にも最終決定がされる見通し。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ