吉沢亮、“人生一番のモテ期”は中学時代「学年の3分の1から告白された」


俳優の吉沢亮が17日、NHK朝の情報番組『あさイチ』(総合 毎週月~金曜8:15~)に生出演。人生一番のモテ期は中学時代で「学年の3分の1から告白された」と明かした。

現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』で山田天陽役を演じている吉沢が『あさイチ』出演。過去の出演作品の映像のほか、中学時代や高校時代の写真が公開された。

そして、中学時代について「剣道をやっていました」「今のところ人生の一番のモテ期で、めちゃくちゃモテたんです。学年の3分の1から告白されました。自分で言うのもあれなんですけど(笑)。相当モテました。人生のピークです」と明かし、「友達の彼女が好きだったのであまり付き合ったりできず断っていた」と話した。

また、「高校入ってから一切モテなくなって、男からも女の子からも声をかけてもらえない孤独な高校生活を送っていました。中学時代の友達が1人もいない高校に行って、僕の人見知りが発揮しちゃって誰とも話せない、みたいな」と高校時代についても説明。「友達2、3人いたけど本当にその人たちとしか話さず、リア充みたいな人の陰口をずっと言って」と振り返り、告白も「まったくされなかった」と明かした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ